kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

MPRIS D-Busインターフェースプラグイン

  MPRIS D-Busインターフェースプラグインは、MPRIS(Media Player Remote Interfacing Specification)に対応したアプリから「Rhythmbox」を操作できるようにするプラグインです。


  Ubuntuに標準でインストールされる「サウンドインジケーター」はMPRISに対応しており、MPRISを利用して「Rhythmbox」を操作することができます。

  ここでは例として「サウンドインジケーター」を利用した「Rhythmbox」の操作を紹介します。

  Rhythmboxの操作

    「サウンドインジケーター」を開くと、以下のように「Rhythmbox」を操作するメニューが表示されます。


    再生中の曲名の表示や、前の曲の再生、再生と一時停止の切り替え、次の曲の再生を行うことができます。

  再生キューやプレイリストの再生

    「プレイリストの選択」から再生キューやプレイリストの再生が可能です。


MediaServer2 D-Busインターフェースプラグイン

  MediaServer2 D-Busインターフェースプラグインは、MediaServer2に対応したアプリから「Rhythmbox」の曲情報にアクセスできるようにするプラグインです。


  例えばDLNAサーバーの機能を持つ「Rygel」は、MediaServer2を利用して「Rhythmbox」の曲情報にアクセスできます。
  「Rygel」は「Rhythmbox」から取得した曲情報をDLNAで公開できます。

  DLNAクライアントから見ると、あたかも「Rhythmbox」がDLNAサーバーとして動作しているかのように見えます。

  サーバー名(共有名)について

     サーバー名(共有名)は、「DAAP楽曲共有プラグイン」の設定画面の「ライブラリ名」に設定した名称が使用されます。

  クライアントから見てみる

    「Griloメディアブラウザープラグイン」を有効にした「Rhythmbox」を起動すると、「共有」に検出されたDLNAサーバーが表示されます。


    DLNAサーバーを選択すると、「ミュージック」ソース及び「プレイリスト」ソースが「参照」に表示されます。


    各ソースを開くと、以下のようにカテゴリーが表示されます。


    各カテゴリーを開いていくと、そのカテゴリーに合った曲が右側の曲一覧に表示されます。
    この画面の基本的な使い方は、「JamendのUI構成」を参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション