kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

楽曲の歌詞プラグイン

  楽曲の歌詞プラグインは、歌詞の検索や表示を行うプラグインです。


楽曲の歌詞プラグインの設定

  楽曲の歌詞プラグインを利用する前に、楽曲の歌詞プラグインの設定を行う必要があります。


  WinampCN

    チェックをオンにすると、「WinampCN」から歌詞の検索を行います。

  TerraBrasil

    チェックをオンにすると、「TerraBrasil」から歌詞の検索を行います。

  Dark Lyrics

    チェックをオンにすると、「Dark Lyrics」から歌詞の検索を行います。

  Jlyric

    チェックをオンにすると、「Jlyric」から歌詞の検索を行います。

  Jetlyrics

    チェックをオンにすると、「Jetlyrics」から歌詞の検索を行います。

  歌詞を格納するフォルダー

    ダウンロードした歌詞を保存するフォルダーを指定します。
    「参照」ボタンをクリックするとフォルダー選択画面が表示されるので、フォルダーを選択して「OK」ボタンをクリックします。


歌詞を表示する

  歌詞を表示します。

  1.曲の再生

    歌詞を表示するには、曲を再生する必要があります。
    歌詞を表示したい曲を再生します。


  2.歌詞の表示

    「表示」メニューを開き「楽曲の歌詞」をクリックします。


  3.歌詞

    ウィンドウが開き歌詞の検索及び歌詞の表示が行われます。


  歌詞の検索について

    歌詞の検索は、曲のアーティスト及びタイトルを使用して検索が行われます。

曲の歌詞を設定する

  ユーザーが自分で曲の歌詞を設定することもできます。
  歌詞が見つからない曲は、自分で設定すると良いでしょう。

  1.曲のプロパティー画面の表示

    歌詞を設定したい曲を選択して曲のプロパティー画面を表示します。


  2.曲の歌詞

    「歌詞」タブをクリックすると、以下のように曲の歌詞が表示されます。


歌詞タブのUI構成

  歌詞タブのUI構成です。


  1.歌詞

    曲の歌詞が表示されます。

  2.クリア

    曲の歌詞を削除します。

  3.編集

    曲の歌詞を自分で編集します。

  4.再検索

    曲の歌詞を検索し、歌詞をダウンロードします。

曲の歌詞を編集するには

  曲の歌詞が見つからない時は、自分で歌詞を設定することもできます。
  すでに設定されている歌詞を編集することも可能です。

  1.編集開始

    「編集」ボタンをクリックします。


  2.歌詞の編集

    歌詞が編集できるようになるので、歌詞を編集します。


  3.歌詞の保存

    歌詞を編集し終えたら、「保存」ボタンをクリックして歌詞を保存します。


  4.歌詞の編集完了

    編集した歌詞が保存されます。


歌詞の保存について

  検索した歌詞をダウンロードした時や自分で歌詞を設定した時は、プラグインの設定画面で指定したフォルダーに歌詞が保存されます。


  中身はテキストファイルなので、テキストエディターで直接歌詞を編集することも可能です。


通知プラグイン

  通知プラグインは、曲の再生や停止時に曲の情報を通知で表示するプラグインです。


  曲を再生すると、以下のようにデスクトップに通知が表示されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション