kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

再生キューをプレイリストとして保存する

  「再生キュー」をプレイリストとして保存します。

  補足

    この機能は、「再生キュー」をファイルに保存する機能ではありません。
    「再生キュー」に登録されている曲をプレイリストとして保存する機能です。

    後で保存したプレイリストを読み込むと、読み込んだプレイリストがサイドバーに表示されます。

    プレイリストは、他のアプリでも利用できるフォーマットでファイルに保存できます。

  1.保存画面の表示

    「プレイリスト」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「プレイリストの保存」をクリックします。


  2.保存先の指定

    以下の画面が表示されるので、保存先のフォルダーの選択やファイル名の入力、及びプレイリストのフォーマットを指定して「保存」ボタンをクリックします。


     プレイリストのフォーマットは、「フォーマットの選択」メニューから選択します。


    拡張子で判断する

      入力されたファイル名の拡張子から、自動的にプレイリストのフォーマットを判別します。

    MPEGバージョン 3.0URL (*.m3u)

      M3U形式でプレイリストを保存します。

    Shoutcastのプレイリスト (*.pls)

      PLS形式でプレイリストを保存します。

      デフォルトでは、このフォーマットでプレイリストを保存します。
      特に理由がなければ、この形式を選択しておけば良いです。

    共有可能なXML形式のプレイリスト(XSPF) (*.xspf)

      XSPF形式でプレイリストを保存します。

  3.プレイリストの保存

    以下のように、プレイリストが保存されます。
    プレイリストには、「再生キュー」に登録されている曲の情報が保存されます。


曲の情報を表示する

  曲の情報を表示します。
  曲の情報を編集することも可能です。

  1.曲の選択

    情報を表示したい曲を選択します。


    一度に複数の曲の情報を表示したい場合は 

      複数の曲を選択すれば、一度に複数の曲の情報を表示できます。

      「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数の曲を選択できます。
      「Ctrl + A」キーを押せば、一覧にある曲をすべて選択できます。

      ただし、表示される情報は限られます。

  2.プロパティー画面の表示

    「編集」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「プロパティ」をクリックします。


    もしくは選択した曲を右クリックして表示されるメニューから、「プレイリスト」をクリックするか、「Alt + Enter」キーを押します。


  3.プロパティー

    以下のようにプロパティー画面が表示されます。


    プロパティー画面の内容は、「曲のタグや設定を行う」を参考にしてください。

再生キューから曲を削除する

  再生キューから曲を削除します。

  1.曲の選択

    再生キューから削除したい曲を選択します。


    「Ctrl」キーや「Shift」キーを押しながら選択すると、複数の曲を選択できます。

  2.曲の削除

    「編集」ボタンをクリックして表示されるメニューから、「プロパティから削除する」をクリックします。


    もしくは選択した曲を右クリックして表示されるメニューから、「プレイリストから削除する」をクリックします。


  3.削除完了

    以下のように、選択した曲が「再生キュー」から削除されます。


再生キューから曲をすべて削除する

  再生キューから曲をすべて削除します。

  1.再生キューのクリア

    「クリア」ボタンをクリックします。


  2.クリア完了

    以下のように、「再生キュー」からすべての曲が削除されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション