kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Vivaldi

  「Vivaldi」は、Blinkレンダリングエンジンを採用したウェブブラウザーです。


  Blinkレンダリングエンジンは、「Chromium」や「Google Chrome」、「Opera」など主要なブラウザーに使用されているレンダリングエンジンです。

  対応しているアーキテクチャー

    Linux向けVivaldiは、32bit版と64bit版が提供されています。

  現在のバージョンはβ2

    「Vivaldi」の現在のバージョンは、β2です。
    現在安定版のリリースは行われていませんが、将来安定版がリリースされるでしょう。

Vivaldiのインストール

  「Vivaldi」のインストールです。

  1.ダウンロードページの表示

    「Vivaldi」をブラウザーで開き、「Vivaldiをダウンロード」をクリックします。


  2.パッケージのダウンロード

    ダウンロードページから現在使用しているUbuntuのアーキテクチャーにあったパッケージをダウンロードします。


    Ubuntu 32bit版を利用している人は、「Vivaldi Beta 2 32bit DEB」をダウンロードします。
    Ubuntu 64bit版を利用している人は、「Vivaldi Beta 2 64bit DEB」をダウンロードします。

  3.パッケージのダウンロード完了

    以下のように、debパッケージがダウンロードされます。
    debパッケージをダブルクリックします。


  4.インストール

    以下のように「Ubuntuソフトウェアセンター」が起動するので、「インストール」ボタンをクリックします。


  5.Vivaldiの起動

    インストールが完了したら、Dashホームから以下のように「Vivaldi」を起動します。


  6.Vivaldiの起動完了

    以下のように、「Vivaldi」が起動します。


    バージョン情報を見ると、以下のようになっています。


リポジトリーの確認

  「Vivaldi」をインストールすると、「Vivaldi」のリポジトリーと認証用の鍵がシステムに追加されます。
  これにより、今後ユーザーは「ソフトウェアの更新」から「Vivaldi」をアップデートできるようになります。

  リポジトリー

     「ソフトウェアとアップデート」の「他のソフトウェア」から「Vivaldi」のリポジトリーを確認できます。
    以下のように「Vivaldi」のリポジトリーが追加されています。


    リポジトリーの詳細を見ると、以下のようになっています。


  認証用の鍵

     「ソフトウェアとアップデート」の「認証」から認証用の鍵を確認できます。
    以下のように鍵が2つ追加されています。


Flashプレーヤープラグイン

  VivaldiでFlashを再生するには、Flashプレーヤープラグインをインストールする必要があります。
  Chromiumと同じ方法でFlashプレーヤープラグインをインストールすればOKです。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション