kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Easystroke

  「Easystroke」は、マウスジェスチャーでアプリを操作するアプリです。


マウスジェスチャーでアプリの起動やコマンドを実行したり、アプリにショートカットキーを送信するなど、様々な操作が可能です。

Easystrokeのインストール

  「Easystroke」のインストールです。
  「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「easystroke」を検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

Easystrokeの起動

  「Easystroke」を起動するには、Dashホームから以下のように起動します。


  Easystrokeの常駐について

    マウスジェスチャーでアプリを操作するには、「Easystroke」が常駐している必要があります。
    「Easystroke」を起動すれば、「Easystroke」のウィンドウを閉じても「Easystroke」が終了せず常駐します。

アクションのUI構成

  「Action」タブでは、ユーザーが作成したアクションの一覧が表示されます。
  この画面でマウスジェスチャーと実行する内容の定義を行います。


  1.アプリケーション

    特定のアプリのウィンドウ上でストロークを行った時のみ、操作を行うこともできます。
    ここをクリックすると、アプリケーションごとのアクションの一覧を表示します。

  2.ストローク

    マウスジェスチャーです。
    このストロークを行った時に、操作を実行します。

  3.名前

    アクションの名前です。
    操作内容に影響しません。
    分かりやすい名称をつけると良いでしょう。

  4.種類

    アクションの種類を選択します。
    アクションについては、「アクションの種類とアクションの詳細設定」を参考にしてください。

  5.詳細

    「4.」で選択したアクションの詳細(操作内容)です。
    アクションについては、「アクションの種類とアクションの詳細設定」を参考にしてください。

  6.「ストロークを記録」ボタン

    アクション一覧で選択されているアクションのストロークを設定します。

  7.「アクションを追加」ボタン

    アクションを追加します。

  8.「ストロークを削除」ボタン

    アクション一覧で選択されているアクションを削除します。

  9.「隠す」ボタン

    この画面を閉じます。

アクションを追加する

  アクションを追加します。

  1.アクションの追加

    「アクションを追加」ボタンをクリックします。


  2.アクション名の入力

    アクションが追加されるので、名前の項目に「アクション名」を入力します。


  3.アクションの種類の選択

    「種類」の項目をクリックし、アクションの種類を選択します。


    アクションについては、「アクションの種類とアクションの詳細設定」を参考にしてください。

  4.アクションの詳細の入力

    「種類」の項目をクリックし、アクションの詳細を入力します。
    入力する内容は、「3.」で選択したアクションの種類によって異なります。   


    アクションについては、「アクションの種類とアクションの詳細設定」を参考にしてください。

  5.アクションの作成完了

    以下のように、アクションが設定されます。


  6.ストロークの記録

    「ストローク」の項目をダブルクリックします。


   ストロークを作成したいアクションを選択して「ストロークを記録」ボタンをクリックしても良いです。


  7.ストロークの入力

    以下の画面が表示されるので、画面上にマウスの3番目のボタン(ホイールのボタン)を押したまま、ストロークを入力します。


    ストロークを入力すると、以下のようにストロークが画面上に表示されます。


    ストロークを入力したらマウスの3番目のボタンを離します。

  8.ストロークの設定完了

    以下のように、入力したストロークがアクションに設定されます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション