kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Desktop Artプラグイン

  Desktop Artプラグインは、デスクトップに曲の情報やRhythmboxを操作するコントロールを表示するプラグインです。


  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-desktopart」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「Desktop Art」プラグインが追加されているので、「Desktop Art」プラグインにチェックを入れます。


Desktop Artプラグインの使い方

  Desktop Artプラグインの使い方です。

  操作パネル

    プラグインを有効にすると、デスクトップ画面の左下に以下の操作パネルが表示されます。


    このパネルをクリックすると、「Rhythmbox」の最小化とサイズの復元を行います。
    またこのパネル上にマウスカーソルを乗せると、以下のように「Rhythmbox」を操作するボタンが表示されます。


    各ボタンは左から、前の曲を再生、曲の再生と一時停止、次の曲を再生するボタンです。

  曲が再生中の時は

    曲が再生中の時は、以下のように曲の情報が表示されます。


    このパネル上にマウスカーソルを乗せると、以下のように「Rhythmbox」を操作するボタンが表示されます。


Desktop Artプラグインの設定

  Desktop Artの表示位置など、Desktop Artプラグインの設定を行います。
  Desktop Artプラグインの設定画面は、デスクトップ上に表示されたパネルを右クリックして表示されるメニューから、「Preference」をクリックします。


設定画面

  Desktop Artプラグインの設定画面です。


  Cover roundness

    カバーアートの4隅の丸みを指定します。
    数値を大きくするほど、丸みが増します。

  Background color

    パネルの背景色と透過度を指定します。
    ボタンをクリックすると「色選択画面」が表示されるので、パネルの背景色と透過度を指定します。

  Text color

    パネルの文字色と透過度を指定します。
    ボタンをクリックすると「色選択画面」が表示されるので、パネルの文字色と透過度を指定します。
  

  Text shadow color

    パネルの文字の影の色と透過度を指定します。
    ボタンをクリックすると「色選択画面」が表示されるので、パネルの文字の影の色と透過度を指定します。

  Reflection

    パネルを反射して描画するかどうかを指定します。
    チェックをオンにすると、以下のように下半分にパネルを反射して描画を行います。
 

    チェックをオフにすると、パネルの反射を描画しません。


  Position

    パネルの配置位置を指定します。

    「X」は横方向の座標です。
    「Y」は縦方向の座標です。

  Size

    パネルのサイズを指定します。

    「W」はパネルの横幅です。
    「H」はパネルの高さです。

  Text

    パネル内のテキストの配置位置を選択します。

    NW



    NE



    SW



    SE




関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション