kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Remember the Rhythmプラグイン

  Remember the Rhythmプラグインは、「Rhythmbox」終了時に再生していた曲を「Rhythmbox」起動時に再生するプラグインです。
  また、「Rhythmbox」終了時の再生時間から再生します。


  1.PPAの追加

    以下のPPAを追加します。
    すでにこのPPAを追加している場合は、この手順を飛ばしてください。

  • ppa:fossfreedom/rhythmbox-plugins

  2.インストール

    「Ubuntuソフトウェアセンター」を起動し、「rhythmbox-plugin-remembertherhythm」で検索します。


    「インストール」ボタンをクリックします。

  3.プラグインの有効化

    「Rhythmbox」を再起動して「プラグインの設定」画面を開くと「Remember the Rhythm」プラグインが追加されているので、「Remember the Rhythm」プラグインにチェックを入れます。


Remember the Rhythmプラグインの設定

  Remember the Rhythmプラグインを使用する前に、Remember the Rhythmプラグインの設定を行うと良いでしょう。

  Remember the Rhythmプラグインを選択し右下の「設定」ボタンをクリックすると、以下のように設定画面が表示されます。


  Play or Pause on startup

    Rhythmbox起動時に曲を再生していた場合、曲の再生を一時停止します。

  Always Pause on startup

    Rhythmbox起動時に曲の再生を一時停止します。

  Always Play on startup

    Rhythmbox起動時に曲を再生します。

Remember the Rhythmプラグインが動作しない問題(2016/3/12)

  Remember the Rhythmプラグインが動作しない問題があります。
  以下の修正を行う必要があります。

  1.テキストエディターの起動

    ソースコードを編集するには「root」になる必要があるため、「端末」から以下のコマンドを実行してソースコードを開きます。

sudo -i gedit /usr/lib/rhythmbox/plugins/remember-the-rhythm/remember-the-rhythm.py


    パスワードの入力が促されたら

      以下のようにパスワードの入力が促されるので、自分のパスワードを入力して「エンター」キーを押します。

[sudo] password for ユーザー名:

      パスワードを入力しても何も表示されませんが、入力自体は行われています。

  2.編集個所の確認(1つ目)

    以下のようにテキストエディターが起動し修正するファイルを開くので、修正箇所を確認します。
    50行目を探してください。


  3.修正(1つ目)

    50行目に以下の一文を挿入します。

        self._scenario = 4


  4.編集個所の確認(1つ目)

    次に60行目を探してください。


  5.修正(2つ目)

    50行目に以下の一文を挿入します。

        self.source = None


    ファイルを上書き保存して完了です。
    後はRemember the Rhythmプラグインを一旦無効にして、再度有効にしてください。

  
関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション