kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

ツールの設定

  「Stellarium」の設定画面を開き「ツール」タブをクリックすると、プラネタリウムやスクリーンショットの設定や、星カタログアップデートができます。


プラネタリウム設定

  空の表示に関する設定です。

  球面鏡効果

    チェックをオンにすると、空を描画する際、球面鏡による描画を行います。


    チェックをオフにすると、球面鏡による描画を行いません。


  一つの星座を選択

    チェックをオンにすると、星座絵を表示する際、現在選択した星座(天体)の星座線及び星座絵のみ表示します。


    チェックをオフにすると、すべての星座線及び星座絵を表示します。


  星雲の背景ボタンを表示  

    メインツールバーに、星雲の背景表示を切り替えるボタンを表示します。


  Auto-enabling for the atmosphere

    チェックをオンにすると、現在位置設定画面で惑星を変更した時に大気表示をオフにします。
    チェックをオフにすると、大気表示の設定を変更しません。

  自動視点、元の方位に戻す

    チェックをオンにすると、自動ズームアウトした時に「Stellarium」起動時の視点に戻します。

  表示領域を円形に

    チェックをオンにすると、望遠鏡を覗いているかのような円形表示にします。


  重力表示

    チェックをオンにすると、惑星名などの情報を円形に沿うように表示します。


  上下左右切り替えボタンを表示

    チェックをオンにすると、メインツールバーに空を左右反転及び上下反転して表示するボタンを表示します。


  Use decimal degrees

    チェックをオンにすると、緯度や経度を度で表示します。


スクリーンショット

  「Stellarium」では、「Ctrl + S」キーを押すとスクリーンショットを作成することができます。
  ここではスクリーンショットの設定を行います。

  保存先

    スクリーンショットの保存先フォルダーを指定します。

  色の反転

    チェックをオンにすると、空の色を反転してスクリーンショットを作成します。

星表のアップデート

  ボタンをクリックすると、星カタログをダウンロードしてアップデートします。
  星カタログをアップデートすると、表示される星が増えます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション