kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

画面を反転する

  画面を反転します。


  反転前の画面は、上記のようになっています。

  左右反転

    「Shift + Ctrl + H」キーを押すと、画面が左右に反転します。


    もう一度同じキーを押せば、元の状態に戻ります。

  上下反転

    「Shift + Ctrl + H」キーを押すと、画面が上下に反転します。


    もう一度同じキーを押せば、元の状態に戻ります。

時間の停止や時間を戻す/時間を進める

  デフォルトでは、天体は現在の時刻に合わせて空に配置されます。
  「Stellarium」では、時間を一時停止したり、時間を戻したり、時間を進めることもできます。
  時間を変更すると、その時間に合わせて天体が空に配置されます。
  時間の変更は、メインツールバーのタイムトラベルボタンで変更します。


  各ボタンは、左から以下の機能を提供します。

  1. 時間を戻す
  2. 時間を1秒ずつ進める/時間を停止する
  3. 時間を現在の時刻に設定する
  4. 時間を進める 

  1.時間を戻す

    「時間を戻す」をクリックするか「J」キーを押すと、時間を戻します。


    現在設定されている時間から時間を戻していきます。
    このボタンをクリックすればするほど、戻す時間の速さが早くなります。

  2.時間を1秒ずつ進める/時間を停止する

    現在設定されている時間から時間を1秒ずつ進めたり、現在設定されている時間で一時停止します。


    「K」キーを押しても良いです。

  3.時間を現在の時刻に設定する

    時間を現在の時刻に設定します。


    時間の巻き戻しや早送りは有効なままです。
    「8」キーを押しても良いです。

  4.時間を進める

    「時間を進める」をクリックするか「L」キーを押すと、時間を進めます。


    現在設定されている時間から時間を進めていきます。
    このボタンをクリックすればするほど、進める時間の速さが早くなります。

  現在の時刻に戻すには

    変更した時間を現在の時刻に戻すには、以下の手順で行います。
    まず「▶」ボタンをクリックします。


    次に現在の時刻に設定します。


時間を指定する

  時間を直接指定することも可能です。
  時間の指定は、時間ウィンドウから行います。

  時間ウィドウを表示するには、サイドバーの「日付/時刻」をクリックします。


  グレゴリオ暦(新暦/現代の暦)

    「日付と時刻」タブをクリックすると、グレゴリオ暦(新暦/現代の暦)で時間を指定できます。


    左の項目から、年月日、時分秒で指定します。
    時間を指定すると即座に反映されます。

  ユリウス通日

    「Julian Date」タブをクリックすると、ユリウス通日で時間を指定できます。


    「JD(Julian Date)」がユリウス日で、「MJD(Modified Julian Date)」が修正ユリウス日です。
    時間を指定すると即座に反映されます。

Stellariumを終了する

  Stellariumを終了するには、メインツールバーの「終了」をクリックします。


    「Ctrl + Q」キーを押しても良いです。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション