kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UbuntuのライブUSBメモリーを作成する

  「ディスク」でUbuntuのライブUSBメモリーを作成します。

  UNetbootinとの違い

    「UNetbootin」と比べて以下のメリットがあります。

  • 操作が非常に簡単
  • 手間がかからない
  • UNetbootinよりライブUSBメモリーの作成にかかる時間が少ない

    「UNetbootin」と比べて以下のデメリットがあります。
    
  • ライブUSBメモリー作成時、ライブUSBメモリー内のデータがすべて消去される
  • 後からパーティションを作成できないため、大容量のUSBメモリーでは空き容量がそのまま無駄になる

    とはいえ操作が簡単な点や手間がかからない点は、不慣れな人にとって大きなメリットです。

  1.Ubuntuのディスクイメージの用意

    Ubuntuのディスクイメージをダウンロードしておきます。
    ここでは例として、「Ubuntu 16.04 64bit版」のディスクイメージをダウンロードしました。


  2.ディスクイメージライターの起動

    ディスクイメージを右クリックして表示されるメニューから「別のアプリで開く」を選択し、表示されるサブメニューから「ディスクイメージライター」をクリックします。


  3.USBメモリーの選択

    以下の画面が表示されるので、「転送先」でUSBメモリーを選択し、「リストアを開始」ボタンをクリックします。


    複数のUSBメモリーがあり、どのUSBメモリーを選択して良いか分からない場合は、ここで一旦「キャンセル」ボタンをクリックしてください。
    以下のように「ディスク」画面に戻るため、左側のデバイス一覧から該当するUSBメモリーがどれか調べてください。


  4.確認

    以下の確認画面が表示されるので、問題なければ「リストア」ボタンをクリックします。


  5.パスワードの入力

    以下の確認画面が表示されるので、自分(管理者)のパスワードを入力します。


  6.ライブUSBメモリーの作成開始

    以下のように、ライブUSBメモリーの作成が開始されます。
    「ジョブ」に進捗が表示されます。


  7.作成完了

    ジョブが完了すれば、ライブUSBメモリーの作成完了です。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション