kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Windows版UNetbootin

  「UNetbootin」はクロスプラットフォームで提供されており、Windows版の「UNetbootin」も利用できます。

  ここではWindows版の「UNetbootin」を利用して、WindowsからUbuntuのライブUSBメモリーを作成します。

  注意 

    Windowsでは、リムーバブルデバイスに複数のパーティションがあっても、最初のパーティションしか認識しません。

  1.UNetbootinのダウンロード

    UNetbootinの公式サイトから、Windows版の「UNetbootin」をダウンロードします。


  2.Ubuntuのディスクイメージの用意

    Ubuntuのディスクイメージをダウンロードします。
    ここでは例として、「Ubuntu 16.04 64bit版」のディスクイメージをダウンロードしました。


  3.ドライブレターの確認

    USBメモリーのドライブレターを確認しておきます。


  4.USBメモリーのフォーマット

    USBドライブを右クリックして表示されるメニューから、「フォーマット」をクリックします。
    フォーマットすると、USBドライブ内のデータが消去されるので注意してください。

    以下の画面が表示されるので、「ファイルシステム」で「FAT32」を選択して「開始」ボタンをクリックします。


  5.UNetbootinの起動

    「1.」でダウンロードした「UNetbootin」をダブルクリックして起動します。


  6.オプションの選択

    「UNetbootin」が起動したら、「ディスクイメージ」を選択します。


    赤枠内右側の設定は、「ISO」を選択してください。

  7.ディスクイメージの選択

    右側の「...」ボタンをクリックしてディスクイメージを選択します。


    以下の画面が表示されるので、「2.」でダウンロードしたディスクイメージを選択し、「開く」ボタンをクリックします。


  8.USBメモリーの選択

    「タイプ」で「USBドライブ」を選択し、「ドライブ」でUSBメモリーのドライブを選択します。


  9.ライブUSBメモリーの作成開始

    「OK」ボタンをクリックします。 


    以下のようにライブUSBメモリーの作成が開始されます。


    作成が終わるまでそっとしておきましょう。
    処理が止まっているように見えても、実際には動作しています。
    エラー画面が表示されない限り問題ありません。

    Ubuntu 16.04のディスクイメージのサイズは約1.38GiBあるので、約1.38GiB分のデータのコピーが行われます。
    しかもファイルサイズが小さいファイルがたくさんあり、USBメモリーの特性上ファイルサイズが小さいファイルのコピーは時間がかかります。

  10.作成完了

    問題なく作成が完了した場合、以下の画面が表示されます。


    「終了」ボタンをクリックして完了です。

  次回以降ライブUSBメモリーを作成する場合は

    次回以降ライブUSBメモリーを作成する場合は、以下の手順でOKです。

  1. 「4.」でファイルシステムをフォーマット(推奨)
  2. 「5.」以降の作業を行う

    「4.」でファイルシステムをフォーマットしなかった場合、「9.」でファイルの上書き確認画面が表示されます。


    「Yes to All」ボタンをクリックしてください。

Mac OS X版UNetbootinについて

  Mac OS X版「UNetbootin」も提供されています。
  Mac OS X版の「UNetbootin」を利用して、OS XからUbuntuのライブUSBメモリーを作成できます。

  ただし以下の不具合があり、そのままでは起動できません。


  対処方法は、以下を参考にしてください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション