kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntuを使ってみよう

ライブメディアからUbuntuを起動し無事デスクトップ画面が表示されたら、「Ubuntu」を使ってみましょう。


既存のシステムに変更を加えること無く、アプリを利用したりアプリのインストールを行うことができます。

デスクトップ画面の使い方

デスクトップ画面の使い方です。


Ubuntuのデスクトップ画面は、全体的にOS Xと似ています。

1.Unityランチャー

アプリのアイコンや、起動しているアプリのアイコンなどが表示されます。
いわゆるタスクバーです。

一番上にあるボタンは、Dashを開くボタンです。
Unityランチャーにないアプリは、Dashから起動できます。

2.メニュー(Unityパネル)

アプリのメニューが表示されます。
アプリのメニューは、マウスカーソルをUnityパネル上に持って行った時に表示されます。

3.インジケーター(Unityパネル)

音量の調整やネットワークの表示、再起動等を行うインジケーターが表示されます。

アプリの一覧を表示するには

インストールされているアプリの一覧を表示するには、(1)Dashを開き、(2)アプリケーションレンズを選択し、(3)Installedをクリックします。


アプリのアイコンをクリックすれば、そのアプリが起動します。
オフィス系アプリからマルチメディアアプリまで、様々なアプリが利用できます。
色々試してみてください。

Firefoxを起動してインターネットに接続できるか確認しよう

「Firefox」を起動してインターネットに接続できるか確認しましょう。

1.Firefoxの起動

Unityランチャーにある「Firefox」のアイコンをクリックします。 


2.サイトにアクセス

適当なサイトにアクセスしてみてください。
アクセスできれば、インターネットに接続されています。


無線LANで接続する場合は

ネットワークは自動的に認識されますが、無線LANはパスワードの設定など接続に必要な手続きを行う必要があります。

画面右上のネットワークインジケーターをクリックし、表示されるメニューから無線LANのアクセスポイントをクリックします。


以下のようにパスワードを入力する画面が表示されるので、パスワードを入力し「Connect」ボタンをクリックします。


以上で完了です。

ファイルマネージャーを起動するには

ファイルマネージャーとは、Windowsで言うところの「Explorer」です。
Ubuntuのファイルマネージャーは、「Nautilus」です。

1.ファイルマネージャーの起動

Unityランチャーにある「ファイル」のアイコンをクリックします。


2.Nautilusの起動

以下のように、「Nautilus」が起動します。
「Nautilus」からファイルの閲覧や操作ができます。


アプリのインストールするには

アプリをインストールすることもできます。
ただしインターネットに接続されている必要があります。

1.Ubuntuソフトウェアの起動

Unityランチャーにある「Ubuntuソフトウェア」のアイコンをクリックします。 


2.アプリの表示

以下のように、インストール済みのアプリやインストール可能なアプリが表示されます。


適当にアプリをインストールしてみてください。
アプリをインストールしても、PCを再起動すると元の状態(アプリがインストールされていない状態)に戻ります。

システムの設定を行うには

ディスプレイの解像度やネットワークの設定など、システムに関する設定は「システム設定」から行います。
「システム設定」は、Windowsで言うところのコントロールパネルです。

1.システム設定の起動

Unityランチャーにある「システム設定」のアイコンをクリックします。


2.システム設定

以下のように、「システム設定」が起動します。
ディスプレイの設定やネットワークの設定など、様々な設定を行うことができます。


システムの設定を変更しても、PCを再起動すると元の状態に戻ります。

UbuntuをインストールするHDDを確認しよう

もしUbuntuをインストールする場合、ここでUbuntuをインストールするHDDを確認しておきましょう。

1.ディスクの起動

Dashを開き以下のように「ディスク」を検索し、ディスクを起動します。


2.HDDの一覧

以下のように「ディスク」が起動します。
左側にHDDなどストレージの一覧が表示されます。
Ubuntuをインストールする予定のHDDを選択します。


HDDの情報が右側に表示されます。
HDDの情報の「Device」に表示される情報は、UbuntuをインストールするHDDを識別する情報です。
「Device」に表示される内容を覚えておきましょう。

上記の場合は「/dev/sda」ですね。

注意

ここでHDDの操作(フォーマットなど)を行うと、実際にHDDがフォーマットされます。
不用意にHDDを操作しないように注意してください。

Ubuntuをインストール場合は

Ubuntuを試しに使ってみて特に問題なく、Ubuntuをインストール場合は、以下を参考にしてください。


BIOSとUEFIどちらでインストールしたほうが良いのか?

おおよそ2011年以降に発売されたPCはUEFIを採用しており、UEFIでインストールすることがほとんどです。
将来性があるのはUEFIですが、以下を参考にして決めてください。



関連記事一覧
オプション