kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

BIOSのPCにUbuntu 16.04をインストールする

BIOSで起動するPCに「Ubuntu 16.04」をインストールします。


UEFIに対応したPCでも、UEFIの設定で「Legacy」等BIOS互換の設定を行っているPCはこちらに含まれます。

ライブメディアからUbuntuを起動すれば、BIOSで起動しているのか、UEFIで起動しているのかすぐ分かります。

1.ライブメディアからUbuntuを起動する

ライブメディアからUbuntuを起動してください。


インターネットに接続できるか確認を

Ubuntuでは、リリース後に問題のあったソフトウェアを更新してUbuntuをインストールする機能があります。

ソフトウェアの問題の中にはユーザーにとって致命的な問題が含まれているケースがあるため、インターネットに接続できる状態でのUbuntuのインストールを推奨します。

2.インストーラーの起動

デスクトップ左上の「Ubuntu 16.04 LTS のインストール」アイコンをダブルクリックします。


3.ようこそ

左側の言語一覧で、「日本語」が選択されていることを確認します。
もし「日本語」以外の言語が選択されていたら、「日本語」を選択します。


ここで「日本語」を選択しないと日本語環境がインストールされないので注意してください。

「リリースノート」のリンクをクリックすると、「Ubuntu 16.04」のリリースノートが表示されます。
「続ける」ボタンをクリックします。

4.Ubuntuのインストール準備

以下の画面が表示されます。
インストールオプションの選択を行います。


Ubuntuのインストール中にアップデートをダウンロードする

チェックをオンにすると、ソフトウェアのアップデートをインストール中に行います。
「1.」で記述したリリース後に問題のあったソフトウェアを更新する機能です。

余計なトラブルを避けるためにも、チェックをオンにしておくことを推奨します。

グラフィックス、Wi-Fi機器、Flash、MP3やその他のメディアに必要なサードパーティーソフトウェアをインストールする

ドライバーやAdobe Flashなどサードパーティーのソフトウェアをインストールします。チェックをオンにしておくことをお勧めします。

設定を行ったら、「続ける」ボタンをクリックします。

5.インストールの種類の選択

インストール方法を選択します。

5-1.インストール方法の選択

ここではどのようにインストールを行うのか、選択します。
インストーラーに任せて、自動的にパーティションの作成や設定を行うこともできますし、自分でパーティションの作成や設定を行うこともできます。


表示される選択肢は、環境により異なります。
例えばすでにUbuntuやWindowsがインストールされている場合、共存してインストールする選択肢が追加されます。

暗号化やLVMの利用について

暗号化やLVMの利用を指定できますが、これらの機能に不慣れな場合は使用しないほうが良いでしょう。

5-2.自分でパーティションの作成や設定を行う

ここでは例として、自分でパーティションの作成や設定を行い、インストール先を指定します。
「それ以外」を選択して「続ける」ボタンをクリックします。


BIOSのPCにUbuntu 16.04をインストールする(パーティションの作成 〜 ブートローダーの設定)」に続きます。


関連記事一覧
オプション