kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

UbuntuのGUIアプリ

「WSL」を利用し、Windows上でUbuntuのGUIアプリを動かしてみます。

以前紹介した通り、現状「WSL」自身はUbuntuのGUIアプリをサポートしていません。
UbuntuのGUIアプリを動作させるには最低でもXウィンドウシステムが必要になります。

Windows向けにXウィンドウシステムを実装したソフトウェアがあるため、そのソフトウェアを利用してUbuntuのGUIアプリを動かしてみます。

結果から言うと・・・

一部のアプリが動作しますが、実用に耐えません。
またアプリが動作したとしても、操作しているうちにクラッシュするケースが多く、常用には向いていません。

今後状況が変わる可能性もありますが、現状はお勧めできません。

UbuntuのGUIアプリを動かすまでの手順

UbuntuのGUIアプリを動かすまでの手順です。

1.VcXsrvのインストール

まずXウィンドウシステムをインストールします。

Windows向けのXウィンドウシステムの実装はいくつかありますが、ここでは「VcXsrv」をインストールします。

「VcXsrv」は「VcXsrv Windows X Server」からダウンロードしてください。
今回ダウンロードしたファイルは、「vcxsrv-64.1.18.1.1.installer.exe」です。


ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、インストーラーを起動して「VcXsrv」をインストールします。


特に設定を変更せず、そのままインストールすれば良いです。

2.VcXsrvの起動

インストールが完了したら、「VcXsrv」を起動します。


以上でXウィンドウシステムの準備は完了です。

3.GUIアプリの起動準備

「Bash」を起動し、以下のコマンドを実行します。

export DISPLAY=:0


後はアプリを起動するだけです。

gedit

Ubuntuのデフォルトのテキストエディターである「gedit」です。


日本語の言語パッケージ、フォント、ロケール設定を行えば、以下のように日本語のUIで起動することもできます。


ただしIMEは動作しませんでした。
クリップボードから貼り付けは可能です。

Synaptic

GUIのパッケージ管理アプリといえば、「Synaptic」です。


試しに「leafpad」をインストールしてみます。


パッケージのインストールが行われます。


インストールした「leafpad」を起動してみました。


参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション