kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Rufus

「Rufus」は、WindowsでライブUSBメモリーを作成するアプリです。


ここでは例として、「Ubuntu 16.04 64bit」のライブUSBメモリーを作成します。

注意

USBメモリー内のすべてのデータが削除されます。

1.Rufusのダウンロード

Rufusの公式サイトから、「Rufus」をダウンロードします。


2.Ubuntuのディスクイメージの用意

「Ubuntu 16.04 64bit版」のディスクイメージをダウンロードします。


3.Rufusの起動

「1.」でダウンロードした「Rufus」をダブルクリックして起動します。


4.USBメモリーの選択

「デバイス」でUSBメモリーを選択します。


5.ディスクイメージの選択

ディスクイメージ選択ボタンをクリックし、ディスクイメージを選択します。  


以下のようにファイル選択画面が表示されるので、ディスクイメージを選択し「開く」ボタンをクリックします。


6.ライブUSBメモリーの作成開始

「スタート」ボタンをクリックします。


7.Syslinuxのダウンロード

以下の画面が表示されたら、「はい」ボタンをクリックします。


8.イメージモードの選択

以下の画面が表示されたら、「ISOイメージモードで書き込む」が選択されているのを確認して、「OK」ボタンをクリックします。


9.データ消去の確認

USBメモリー内のデータを消去する旨が表示されます。
「OK」ボタンをクリックします。


10.複数のパーティションの消去確認

USBメモリー内のデータは全て削除されるため、USBメモリー内に複数のパーティションがある場合、消去確認画面が表示されます。

「OK」ボタンをクリックします。 


11.ライブUSBメモリーの作成

ライブUSBメモリーの作成が始まります。


この状態でしばらく待ちましょう。

12.ライブUSBメモリーの作成完了

以下のように進捗バーが埋まれば、ライブUSBメモリーの作成完了です。


以上で作業は完了です。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション