kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

以前のバージョンのLinuxカーネルをまとめて削除するには

以前のバージョンのLinuxカーネルをまとめて削除する方法です。
環境によっては以前のバージョンのLinuxカーネルがそこそこ溜まるので、不必要なら以前のバージョンのLinuxカーネルを削除することで、HDDの使用量を減らすことができます。


注意

以前のバージョンのLinuxカーネルを削除する前に、現在利用しているLinuxカーネルが正常に動作していることを確認してください。

Ubuntuでは、新しいバージョンのLinuxカーネル使用時に何か問題があった時に、ユーザーは以前のバージョンのLinuxカーネルでUbuntuを起動することができます。


そのため現在利用しているLinuxカーネルで無線LANが繋がるかどうかや音が正常に出ているかどうかなど、事前にハードウェアの利用に問題がないことを確認しておきましょう。

現在利用しているLinuxカーネルのバージョンを調べるには

以前のバージョンのLinuxカーネルとは、現在利用しているLinuxカーネルよりも前のバージョンのことです。
現在利用しているLinuxカーネルのバージョンを調べるには、「端末」から以下の古マンドを実行します。

uname -r

以下のように、現在利用しているLinuxカーネルのバージョンが表示されます。


上記のケースでは、現在利用しているLinuxカーネルのバージョンは「4.4.0-24」です。
従ってこれより前のバージョンのLinuxカーネルをまとめて削除します。

1.byobuパッケージのインストール

以下のボタンをクリックして、「byobu」パッケージのインストールします。


2.コマンドの実行

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo purge-old-kernels


コマンドを端末にコピー&ペーストするには

コマンドを「端末」にコピペするには、コマンドをコピーした後「端末」上で「Shift + Ctrl + V」キーを押してください。

パスワードの入力が促されたら 

コマンド実行時、以下のようにパスワード入力が促されたら、パスワードを入力して「エンター」キーを押してください。

[sudo] password for ユーザー名:

入力したパスワードは表示されないので注意してください。

3.Linuxカーネルの削除確認

以下のように、削除対象のLinuxカーネルパッケージの一覧が表示されます。
続行するには、「エンター」キーを押します。


Linuxカーネルの削除を中止するには、「n」を入力して「エンター」キーを押します。

4.Linuxカーネルの削除

以下のように、以前のバージョンのLinuxカーネルが削除されます。


以上で完了です。

参考



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション