kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Linux Mint 18 Cinnamon Editionの使用上の注意事項やヒント

Linux Mint 18 Cinnamon Edition」の使用上の注意事項やヒントの紹介です。



アプリの画面がディスプレイに収まらない時は

インストーラーなどアプリの画面がディスプレイに収まらない時は、「Alt」キーを押しならがアプリの画面をドラッグ&ドロップしてください。

アプリの画面を移動することができます。

マルチメディアコーデックをオフラインでインストールするには

マルチメディアコーデックをオフラインでインストールするには、以下の方法で事前にパッケージをダウンロードしておきます。

1.Linux Mint 18の起動

インターネットに接続されているPCで「Linux Mint 18」をライブメディアから起動します。

2.アーカイブファイルの作成

「端末」から以下のコマンドを実行し、マルチメディアコーデックのパッケージを含んだアーカイブファイルを作成します。

apt download mint-meta-codecs

「mint-meta-codecs.tgz」が作成されるので、このファイルをUSBメモリーなど適当な場所に保存しておきます。

3.PCの起動

マルチメディアコーデックをインストールしたいPCを起動します。
インターネットに接続されている必要はありません。

「2.」でダウンロードしたアーカイブファイルを展開し、「./install.sh」を実行します。
もしくは展開したフォルダー内で端末から以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg -i *.deb

以上で完了です。

PAEをサポートしていないCPUで起動するには

Pentium Mなど公式にPAEをサポートしていないCPUで「Linux Mint 18」を起動するには、ブートメニューで「Start Linux Mint with PAE forced」を選択してください。

DRMで保護されたFlashを見るには

DRMで保護されたFlashを見るには、以下の方法に従ってください。


Linux Mintが起動時にフリーズした時は

GPUによっては、オープンソースのドライバーによるサポートが不十分です。
「Linux Mint」が起動時にフリーズする場合は、起動オプションに「nomodeset」を指定して「Linux Mint」を起動してください。

1.BIOSでライブメディアから「Linux Mint」を起動した場合



2.UEFIでライブメディアからLinux Mintを起動した場合



3.Linux Mintインストール後



「Linux Mint」インストール後に「nomodeset」を指定する場合は、「Shift」キーを押しっぱなしにして「Linux Mint」を起動し、ブートメニューを表示してから上記の操作を行ってください。

nVidiaのGPUを利用している場合

nVidiaのGPUを利用している場合、「Driver Manager」からnVidiaのプロプライエタリードライバーをインストールすることができます。

プロプライエタリードライバーインストール後、PCを再起動してください。
起動オプションに「nomodeset」を指定する必要はありません。

GPUにOptimusを利用している場合

GPUにOptimusを利用している場合、nVidiaのプロプライエタリードライバーをインストールしPCを再起動した後、トレイアイコンから使用するGPUを切り替えられるようになります。

それでもまだ起動しない場合は

上記の起動オプションを指定しても「Linux Mint」が起動しない場合は、以下のいずれかの内容を試してみてください。

1.起動オプションの指定

起動オプションに「nomodeset」の代わりに「nouveau.noaccel=1」を指定して「Linux Mint」を起動します。

2.Compatibility mode

ブートメニューの「Compatibility mode」を選択して「Linux Mint」を起動します。

3.リカバリーモードを経由して起動

「Linux Mint」インストール後PC起動時にブートメニューを表示し、「Advanced Options」を選択後「Recovery mode」を選択します。

リカバリーモードで「Linux Mint」が起動するので、リカバリーメニューで「resume」を選択して起動を続行します。

正しいバージョンを選択しよう

新しいバージョンの「Linux Mint」には、新しいバージョンのLinuxカーネルと新しいバージョンのドライバーが含まれています。
従って新しいバージョンの「Linux Mint」は、多くのハードウェアと互換性があるということになります。
しかし時々、リグレッションによりハードウェアが動作しなくなるケースがあります。

もし最新バージョンの「Linux Mint」でハードウェアの問題に直面し、ハードウェアの問題を解決できない時は、以前のバージョンの「Linux Mint」を試してみてください。

以前のバージョンの「Linux Mint」でハードウェアの問題が解決した時は、そのバージョンの「Linux Mint」を使い続けるか、そのバージョンから新しいバージョンにアップグレードしてください。

ポイントアップグレードについて

「Linux Mint 17.2」から「Linux Mint 17.3」へのアップグレードなどポイントアップグレードでは、カーネル及びドライバーはアップグレードによる影響を受けません。
そのためハードウェアサポートのリグレッションの危険性なしに、新しい機能を利用することができます。

新しいバックポートコンポーネント

以前の「Linux Mint」では、リポジトリーは3つのコンポーネントを持っており、それらのコンポーネントはデフォルトで有効になっていました。

  1. main
  2. upstream
  3. import

「Linux Mint 18」では、上記に加え「backport」コンポーネントがデフォルトで有効になっています。

もし以前のバージョンの「Linux Mint」から新しいバージョンの「Linux Mint」へユーザーが手動でアップグレードする場合は、「backport」コンポーネントがAPTソースに追加されているか確認してください。

AMD Catalystドライバー(fglrx)

fglrxは「Linux Mint 18」が採用しているXorg 1.18と互換性がありません。
fglrxはプロプライエタリーでありソースコードが公開されていません。

AMDはもはやXorg 1.18をサポートする気がなく、ユーザーにオープンソースのドライバーを利用するように案内しています。

GPUにAMDのGPUを利用している環境では、「Linux Mint 18」はGPUの種類に応じてオープンソースのドライバー(RadeonもしくはAMDGPU)を使用します。
オープンソースのドライバーは、デフォルトでインストールされています。

UEFIのサポート

「Linux Mint 18」はUEFIでの起動をサポートしており、UEFI環境にインストールすることができます。

「Linux Mint」はMicrosoftによって認証されていませんしその必要はありません。
もしUEFIの設定でセキュアブートが有効になっている場合、セキュアブートをオフにしてください。

もしセキュアブートで「Linux Mint」を起動したい場合、ブートローダーにrEFIndを使用し、MOKで署名されたLinuxカーネルを使用してください。

既知の問題

既知の問題です。

サウンドとマイクの問題

サウンドの出力やマイクの使用に問題が起きた場合は、「pavucontrol」をインストールしてください。
「pavucontrol」をインストールすると、メニューに「PulseAudio Volume Control」が追加されます。

「PulseAudio Volume Control」を利用してサウンドの調整を行ってください。

LSBに依存するEpsonのドライバーとGoogle Earth 

LSBパッケージが存在しないため、このパッケージに依存するEpsonのドライバーとGoogle Earthのインストールに失敗します。

この問題はすでにUbuntuで報告されており、近いうちに問題が修正される予定です。
この問題の詳細や対応状況は、以下のバグレポートを参照してください。


Intel GPUでマウスカーソルが表示されない

Intel GPUを搭載したPCでユーザーの切り替えやPCをサスペンド及び復帰した後、マウスカーソルが表示されなくなります。
この問題は既知の問題であり、アップストリームのバグレポートは以下を参照してください。


ASRockのSkylakeマザーボードでフリーズもしくはクラッシュする

ASRockのSkylakeマザーボードでフリーズもしくはクラッシュする問題があります。
ディスク容量が一杯になるまで「/var/log/syslog」にカーネルのログが出力され続けます。

この問題に対処するには、以下のコマンドを実行して「/etc/rc.local」ファイルをrootで開きます。

gksu xed /etc/rc.local

以下の一文を記述してください。

echo 'disable' > /sys/firmware/acpi/interrupts/gpe6F

この問題の詳細は、以下を参考にしてください。


VLCでDVDドライブが見つからない時は

VLCでDVDドライブが見つからない時は、「メディア」メニューを開き「ディスクを開く」をクリックします。

「ディスクデバイス」で「/dev/sr0」を指定してください。


もしくは適切なDVDドライブのデバイスファイルを指定してください。

KDEアプリに関する問題

「Okular」や「Gwenview」、「KStars」などKDEのアプリの使用に問題が発生した時は、以下のコマンド実行してパッケージをインストールしてください。

sudo apt install kdelibs-bin kdelibs5-data kdelibs5-plugins

パッケージインストール後ログインし直し、再度アプリで問題が発生するか確認してください。

その他の問題

「Linux Mint 18」は「Ubuntu 16.04」をベースにして開発されています。
そのため「Ubuntu 16.04」で発生する問題が「Linux Mint 18」でも発生する可能性があります。
上記以外の既知の問題は、「Ubuntu 16.04」のリリースノートも参照してください。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション