kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Visual Studio Code 1.5.1リリース

2016年9月8日に「Visual Studio Code 1.5.1」がリリースされました


変更点とリリースノート

変更点とリリースノートは、以下を参考にしてください。


いくつかピックアップしてみます。

フォントサイズに0を設定した時の不具合の修正

フォントサイズに0を設定した時に、ファイルの内容が表示されない不具合が修正されています。

エディターの設定項目追加

文字列の折り返し設定や、自動保存のオプションが追加されています。

設定 内容
editor.renderLineHighlight 現在の行の強調表示を無効にします。
editor.fontWeight エディターのフォントウェイトを指定します。
(normal/bold)
editor.wordWrap 単語の折り返し機能の有効・無効を指定します。
editor.wrappingColumn 単語の折り返し方を指定します。
files.autoSave 自動保存のタイミングにonWindowChangeを指定できます。
ウィンドウを切り替えた時に自動保存を行えます。

アイコンテーマに対応

ファイルエクスプローラーでは、ファイルやフォルダーのアイコンが表示できるようになりました。



デフォルトではアイコンの表示が無効になっています。

アイコンテーマの設定は、「ファイル」メニュー>「基本設定」>「File Icon Theme」から行ってください。

デフォルトでは、以下の2種類のアイコンテーマが利用できます。

1.Minimalアイコンテーマ

「Minimal」アイコンテーマは、ファイルとフォルダーにシンプルなアイコンを設定します。


2.Seti

「Seti」アイコンテーマは、ファイルの種類ごとに異なるアイコンを設定します。


デバッガーコンソールが入力候補に対応

デバッガーコンソールが入力候補を表示するようになりました。
現在この機能は「Node.js」をデバッグしている時のみ有効ですが、他のデバッガーもデバッグプロトコルを通じてこの機能を実装できます。

インストールとアップデート

「Visual Studio Code 1.5.1」のインストールは、以下を参考にしてください。
以前のバージョンからのアップグレード方法も、インストール手順と同じです。




関連記事一覧
オプション