kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Xubuntu 16.10の変更点と既知の問題

「Xubuntu 16.10」のリリースノートから、「Xubuntu 16.10」の変更点と既知の問題を紹介します。


「Xubuntu 16.04」から見た目が僅かに変更された程度です。

「Xubuntu」の開発チームでは、GTK+3版Xfceの提供に向けて作業が行われています。
「Xubuntu 16.10」ではGTK+2版のXfceが採用されていますが、将来「Xubuntu」ではGTK+3版Xfceが採用される予定です。

1.サポート期間は9ヶ月

「Xubuntu 16.10」は通常リリースとなるため、サポート期間は9ヶ月になります。
従って2017年7月までサポートが提供されます。

1つ前のバージョンである「Xubuntu 16.04」はLTSリリースであるため、3年間の長期サポートが提供されます。
長いサポート期間や安定性を重視する人は、「Xubuntu 16.04」を利用すると良いでしょう。

2.Mousepadの不具合修正

デフォルトのテキストエディターである「Mousepad」の不具合が修正されました。


3.inxiの不具合修正 

「inxi」の以下の不具合が修正されました。


4.Thunarの不具合修正

アップストリームのパッチを取り込み、ファイル移動時にクラッシュする不具合の発生頻度が少なくなりました。

5.xfce4-whiskermenu-pluginのアップデート

アップストリームの新しいバージョンの「xfce4-whiskermenu-plugin」を採用し、ユーザー切り替えに「gdmflexiserver」の代わりに「dm-tool」を使用するようになりました。

6.lightdm-gtk-greeter-settings/xfce4-dictのアップデート

アップストリームの新しいバージョンの「.lightdm-gtk-greeter-settings」と「xfce4-dict」を採用しました。 

7.xfce4-weather-plugin 

アップストリームの新しいバージョンの「xfce4-weather-plugin」を採用し、温度が0°F の時はマイナス表記を行わないようにしました。
またYr.noサービスのAPIを更新しました。

8.その他の変更点

「Linux Kernel」などデスクトップに影響しないソフトウェアの変更点は、「Ubuntu」と同じです。


既知の問題

すでに明らかになっている問題や注意事項です。

1.USBメモリーが自動的に再マウントされる

ファイルマネージャーからUSBメモリーを取り出しアンマウントした後、10秒後ぐらいに自動的にそのUSBメモリーが再マウントされます。


2.ファイル名変更時にThunarがクラッシュする

ファイル名変更時にThunarがクラッシュします。


3.ファイルのコピー時にThunarがクラッシュする

ファイルのコピー時にThunarがクラッシュします。


4.ファイルのドラッグ&ドロップ時にThunarがクラッシュする

ファイルのドラッグ&ドロップ時にThunarがクラッシュします。


5.サスペンドから復帰時にパスワードを2回要求される

環境によっては、サスペンドから復帰時にパスワードを2回要求されます。


6.その他の問題

デスクトップ環境に依存しない問題は、「Ubuntuの既知の問題」を参照してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション