kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 16.10向けリポジトリーの公開

2016年10月20日に「Ubuntu 16.10」向け「VirtualBox」のリポジトリーが公開されました。


VirtualBoxリポジトリーの有効化

「Ubuntu 16.04」から「Ubuntu 16.10」へアップグレードしており、かつ、以前の環境で「VirtualBox」のリポジトリーを利用していた人は、「VirtualBox」のリポジトリーを有効化しておくと良いでしょう。

「VirtualBox」のリポジトリーを有効化すると、「VirtualBox」のアップデートを受けられるようになります。

VirtualBoxリポジトリーの有効化するには

「ソフトウェアとアップデート」を起動し、「他のソフトウェア」タブをクリックします。

登録されているリポジトリーの一覧から「VirtualBox」のリポジトリーを探し、左側のチェックボックスをクリックしてオンにします。


「ソフトウェアとアップデート」を閉じ、「ソフトウェアの更新」を起動してください。
以上で完了です。

リポジトリーの内容

参考までにリポジトリーの内容は、以下のようになっています。


項目 内容
URI http://download.virtualbox.org/virtualbox/debian
ディストリビューション yakkety
コンポーネント contrib

リポジトリーの内容を表示するには、「VirtualBox」のリポジトリーを選択し「編集」ボタンをクリックします。


関連記事一覧
オプション