kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

VirtualBox 5.1.8がリリースされました

2016年10月18日に「VirtualBox 5.1.8」がリリースされました。


VirtualBoxのアップデート

VirtualBoxのリポジトリーを利用している人は、「ソフトウェアの更新」で「VirtualBox 5.1.8」にアップデートできます。


注意

「VirtualBox 5.1.8」にアップデートする時は、必ず事前に「VirtualBox」が起動していないことを確認してください。
「VirtualBox」が起動している状態でアップデートを行うと、アップデートに失敗します。

VirtualBox拡張パックのインストール

「VirtualBox」アップデート後に「VirtualBox」を起動すると、VirtualBox拡張パックのインストールが促されます。


VirtualBox拡張パックをインストールすると、USB 3.0ホストコントローラーの利用など、VirtualBoxで利用できる機能が増えます。
画面の案内に従い、VirtualBox拡張パックをインストールしておきます。

パスワードの入力が表示されたら、現在ログインしているユーザーのパスワードを入力してください。

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は

VirtualBox拡張パックのインストールが促されない時は、「ファイル」メニューを開き「アップデートを確認」をクリックしてください。


VirtualBox拡張パックのインストーラー削除

VirtualBox拡張パックインストール後、以下のようにVirtualBox拡張パックのインストーラーの削除画面が表示されます。


一度インストールすればインストーラーは不要なので、「削除」ボタンをクリックして削除すると良いでしょう。

VirtualBoxのインストール

VirtualBoxを新規にインストールする場合は、「VirtualBox 5.1.0をインストールするには」を参考にしてください。

Ubuntu 16.10を利用している場合

「Ubuntu 16.10」を利用している場合、「開発コード(略名)」が「yakkety」になるためコマンドの入力内容に注意してください。

VirtualBox 5.1.8の変更点

 「VirtualBox 5.1.8」の変更点は、「ChangeLog」を参考にしてください。
今回のリリースはメンテナンスリリースなので、不具合の修正が主な変更点になります。

GUI

  • キーボードショートカットが動作しない不具合の修正(Mac OS Xホストのみ/#15937/#15938) 
  • ヘッドレス起動・デタッチモードで仮想マシンを起動した時、キーボードが効かなくなる不具合の修正(Windowsホストのみ/#15928

NAT

  • ドメイン検索サフィックス数の最大値を超えないように修正(#15948
  • スラッシュが含まれるポートフォワーディングルールの解析処理の修正(#16002
  • ホストがゲストにマッピングできないloopbackネームサーバーのみ設定されている場合、DHCPがNAT NetworkにDNSプロキシーをネームサーバーとして提供

Bridged Network

  • syslogがパケットアロケーションエラーのメッセージで溢れないように修正(#15569

Audio

  • Mac OS XホストでAudio Queueを使用するように修正
  • PulseAudioバックエンドで発生していた録音に関する不具合を修正
  • その他様々な不具合修正

Snapshots

  • スナップショットの削除に関する不具合を修正(#15831
  • スナップショット削除時にクラッシュする不具合とエラーメッセージの改善

Storage

  • WindowsゲストでNVMeエミュレーションに関するいくつかの問題を修正

API

  • SASコントローラーの初期化に関する問題の修正(#15972

Windows hosts

  • REGDB_E_CLASSNOTREGエラーの検出とエラーメッセージの改善
  • Windows 10 build 14901に適合(#15944
  • Windows 7以降のプロセッサーグループのサポート改善

Windows Additions

  • スタートメニューに項目の作成を行わないオプションの追加(#15922
  • ゲストの省電力管理機能が仮想スクリーンをオフにする際、ウィンドウを隠さずブランクなウィンドウを表示するように変更
  • 共有フォルダー利用時にフリーズする不具合を修正(#15662

Linux hosts / Linux guests

  • カーネルのCONFIG_CPUMASK_OFFSTACKに関する問題の修正(#16020

Linux Additions

  • テキストモードで仮想コンソールを要求しないように変更(#15683
  • ディストリビューションが提供するモジュールとの衝突を回避するため、vboxguestとvboxsfカーネルモジュールのdepmod上書きを追加

X11 Additions

  • ホストが十分な3D性能を持ったGPU(ドライバー)を利用していない場合、ゲストの3Dアクセラレーションを無効にするように修正(#15860

仮想マシンにUbuntu 16.10をインストール

ホスト「Ubuntu 16.10 64bit」 + 仮想マシン「Ubuntu 16.10 64bit」の環境に、「Guest Additions」をインストールして利用してみましたが、現状特に問題は起きていません。


Unityも3Dアクセラレーションが有効な状態で動作しています。


Guest Additionsをインストールし、3Dアクセラレーションを有効にしておく

仮想マシンにUbuntuをインストールした後やVirtualBoxをアップデートした後は、忘れずに「Guest Additions」をインストールしておきましょう。


Guest Additions」のインストール状況は、「セッション情報」から確認できます。


また忘れずに、仮想マシンの設定で3Dアクセラレーションを有効にしておきましょう。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション