kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

BashからWindowsバイナリーを起動する機能の有効・無効を切り替えるには

BashからWindowsバイナリーを起動する機能の有効・無効を切り替える方法です。

デフォルトでは、この機能は有効になっています。

設定はWSLセッションに保持される 

設定はWSLセッションに保持されるため、すべての「WSL(Ubuntu on Windows)」を終了すると、設定はデフォルトの有効に戻ります。

設定の確認

まずは設定の確認方法の紹介です。
現在「Bash」から「Windowsバイナリー」を起動する機能が有効になっているかどうか調べるには、「Bash」から以下のコマンドを実行します。

cat /proc/sys/fs/binfmt_misc/WSLInterop

機能が有効になっている場合

機能が有効になっていれば、以下のように「enabled」と表示されます。


機能が無効になっている場合

機能が無効になっていれば、以下のように「disabled」と表示されます。


機能を有効にするには

機能を有効にするには、「Bash」から以下のコマンドを実行します。

sudo sh -c "echo 1 > /proc/sys/fs/binfmt_misc/WSLInterop"


試しに「メモ帳」を起動してみると、以下のように「メモ帳」が起動します。


機能を無効にするには

機能を有効にするには、「Bash」から以下のコマンドを実行します。

sudo sh -c "echo 0 > /proc/sys/fs/binfmt_misc/WSLInterop"


試しに「メモ帳」を起動してみると、「メモ帳」の起動に失敗します。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション