kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

.NET Core 1.1がリリースされました

2016年11月16日に「.NET Core 1.1」がリリースされました。


「.NET Core」は汎用的な開発プラットフォームであり、GitHub上のコミュニティー及び「Microsoft」によって開発が行われているソフトウェアです。

クロスプラットフォームでオープンソース

「.NET Core」はクロスプラットフォームで提供されており、Windows、macOS、そしてLinuxで利用可能です。

またオープンソースで開発されているプロジェクトであり、MIT及びApache 2ライセンスを採用しています。

.NET CoreがサポートしているUbuntuのバージョン

「.NET Core 1.1」がサポートしている「Ubuntu」のバージョンは、以下のバージョンです。

  • Ubuntu 14.04 64bit
  • Ubuntu 16.04 64bit 
  • Ubuntu 16.10 64bit

「Ubuntu 32bit版」はサポートされていません。

他のOSのサポート状況については、以下を参照してください。


上記のサポート状況は、「.NET Core 1.0」のサポート状況です。
「.NET Core 1.1」では上記に加え、以下のOSがサポートされています。

  • Fedora 24
  • Linux Mint 18
  • openSUSE 42.1
  • Mac OS X 10.12
  • Windows Server 2016
  • Ubuntu 16.10

サポートしている開発言語

開発に利用できる言語は、「C#」と「F#」です。

ドキュメント

「.NET Core」の利用や「.NET Core」を利用した開発など「.NET Core」に関する情報は以下を参照すると良いでしょう。


.NET Coreのインストール方法

「.NET Core」のインストール方法は、以下を参考にしてください。


Ubuntuに.NET Coreをインストールする

「Ubuntu」に「.NET Core」をインストールする方法です。
ここでは例として、「Ubuntu 16.10 64bit版」に「.NET Core 1.1」をインストールします。


作業はすべて「端末」から行うため、事前に「端末」を起動しておきます。

注意

「.NET Core」は製品やサービスの改善のため、ユーザーの情報を収集し「Microsoft」にユーザーの情報を送信する可能性があります。
収集される情報については、以下を参照してください。


1.リポジトリーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーを追加します。

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ yakkety main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'


Ubuntu 16.04の場合

「Ubuntu 16.04」にインストールする場合、以下のコマンドを実行します。

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ xenial main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'

Ubuntu 14.04の場合

「Ubuntu 14.04」にインストールする場合、以下のコマンドを実行します。

sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://apt-mo.trafficmanager.net/repos/dotnet-release/ trusty main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'

2.リポジトリー認証キーの追加

以下のコマンドを実行し、リポジトリーの認証キーを追加します。

sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv-keys 417A0893


3.パッケージインデックスファイルの更新

以下のコマンドを実行し、パッケージインデックスファイルを更新します。

sudo apt-get update


4..NET Core SDKのインストール

以下のコマンドを実行し、「.NET Core SDK」 をインストールします。

sudo apt-get install -y dotnet-dev-1.0.0-preview2.1-003177


以下のようにインストールが完了します。


サンプルアプリを作る

試しに「Hello World!」と出力するサンプルアプリを作ってみます。
開発言語は「C#」です。

事前にサンプリアプリを配置するフォルダーを生成し、現在の作業ディレクトリーをそのフォルダーに設定しておきます。

1.アプリの雛形の作成

以下のコマンドを実行し、「.NET Coreコンソールアプリケーション」の雛形を作成します。

dotnet new


2.生成されるファイル

以下のようにファイルが生成されます。


「project.json」ファイルはプロジェクトの設定ファイルです。
「Program.cs」ファイルは「C#」で記述されたソースコードです。
「Program.cs」ファイルの中身は以下のようになっています。


3.依存関係のリストア

以下のコマンドを実行し、依存関係をリストアします。

dotnet restore


4.アプリの実行

以下のコマンドを実行し、アプリを実行します。

dotnet run


「Hello World!」と出力されました。
ソースコードを編集して日本語を出力することもできます。



関連記事一覧
オプション