kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 14965の変更点

2016年11月9日にリリースされた「Build 14965」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 14965」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.NETLINK_ROUTEソケットのサポート改善

「NETLINK_ROUTE」ソケットの以下のメッセージタイプがサポートされました。

  • RTM_GETLINK
  • RTM_GETADDR

これにより改善される不具合については、以下を参照してください。


ネットワーク情報の列挙が可能に

このサポートにより、「ifconfig」コマンドや「ip」コマンドによるネットワーク情報の列挙が可能になりました。


2./sbinをユーザーのPATH環境変数に追加

デフォルトで「/sbin」がユーザーの「PATH」環境変数に追加されました。


3.WindowsのPATH環境変数をユーザーのPATH環境変数に追加

Windowsの「PATH」環境変数の内容が、「WSL」のユーザーの「PATH」環境変数に追加されました。


これで「DrvFS」のパスを別途追加しなくても、Windowsアプリを簡単に起動できるようになりました。
例えばユーザーが「/mnt/c/Windows/System32」パスを指定しなくても、「notepad.exe」を実行すればメモ帳を起動できます。


4./proc/sys/kernel/cap_last_capのサポート

「/proc/sys/kernel/cap_last_cap」が利用できるようになりました。


5.非アスキー文字の作業ディレクトリーに対応

現在の作業ディレクトリーに非アスキー文字(日本語など)が含まれていても、「WSL」からWindowsバイナリーを実行できるようになりました。

これにより改善する不具合は、以下を参照してください。


6.シャットダウン時にソケットの切断が可能に

シャットダウン時、UNIXストリームソケットを切断できるようになりました。

7.PR_GET_PDEATHSIGのサポート

「PR_GET_PDEATHSIG」がサポートされました。

8.CLONE_PARENTのサポート

「CLONE_PARENT」がサポートされました。

9.ハンドルの要求

現在のターミナルへの接続にハンドルを要求するようになりました。

10.oom_score_adjが書き込み可能に

「/proc/プロセスID/oom_score_adj」が書き込み可能になりました。


11./sys/fs/cgroupの追加

「/sys/fs/cgroup」フォルダーが追加されました。


12./proc/net/devの実装

「/proc/net/dev」が実装されました。


13./proc/self/environの実装

「/proc/self/environ」が実装されました。


不具合の修正

「Build 14965」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.パイプ処理のエラーの修正

以下のようなコマンドを実行した時に、パイプ処理が停止してしまう問題が修正されました。

bash -c "ls -alR /" | bash -c "cat"

これにより改善する不具合は、以下を参照してください。


2.sched_setaffinityの修正

「sched_setaffinity」は、「affinity」ビットマスクの数を返すようになりました。

3.ELF検証処理の修正

インタープリターのパスが64文字以内を前提としたELF検証処理が修正されました。

これにより改善する不具合は、以下を参照してください。


4.コンソールウィンドウが無反応になる不具合の修正

ファイルディスクリプターを開いたジョブがある状態でコンソールウィンドウを閉じると、コンソールウィンドウが無反応になる不具合が修正されました。


5.renameの修正

rename()関数実行時、パスの終わりに「/」が含まれていると実行に失敗する問題が修正されました。

これにより改善する不具合は、以下を参照してください。


6.pingの修正

タイマーの解像度により、「ping」が「0.000ms」になってしまう問題が修正されました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:664(前回:665)
  • テストに失敗した項目数:263(前回:263)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション