kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

NPAPI版Flashプレーヤープラグインが大幅アップデート

大幅にアップデートされた「NPAPI版Flashプレーヤープラグイン」が「Ubuntu」で利用できるようになりました。


Linux向けNPAPI版Flashプレーヤープラグインは長らくセキュリティーアップデートのみ行われている状態であり、PPAPI版Flashプレーヤープラグインのようなバージョンアップは行われていませんでした。


しかし2016年8月31日にAdobeがこの方針を変更し、Linux向けNPAPI版FlashプレーヤープラグインでもPPAPI版同様にアップデートを行うようになりました。


機能は完全に同じではない

もしフラッシュが正常に動作しない場合は、PPAPI版Flashプレーヤープラグインを利用するChromium系のブラウザーを利用してください。

とはいえ「Ubuntu」にデフォルトでインストールされる「Firefox」は、「NPAPI版Flashプレーヤープラグイン」を利用するため、今まであった機能制限が緩和され、多くのユーザーにとって利点があるアップデートでしょう。

アップデートは簡単

アップデートは簡単です。
いつも通り「ソフトウェアの更新」を起動して、パッケージのアップデートを行ってください。


パッケージのアップデート後「Firefox」を再起動すれば、大幅にアップデートされた「NPAPI版Flashプレーヤープラグイン」が利用できるようになっています。



関連記事一覧
オプション