kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Budgie 10.2.9が利用可能に

2016年12月16日に、「Budgie 10.2.9」がリリースされました。


「Budgie」は「budgie-remix」及び「Ubuntu Budgie」で採用されているデスクトップ環境です。


「budgie-remix 16.04」及び「budgie-remix 16.10」を利用している人は、「Budgie 10.2.9」へアップデートすることができます。

Budgie 10.2.9へアップデートするには

「Budgie 10.2.9」へアップデートするには、「ソフトウェアの更新」を起動し、アップデーろするだけです。


ソフトウェアをアップデートした後、アップデートを反映するためログインし直すか、PCを再起動してください。

以下のように、「Budgie 10.2.9」が利用できるようになります。


Budgie 10.2.9の変更点

「Budgie 10.2.9」の変更点の紹介です。

1.パネル削除時に確認画面が表示されるようになった

パネル削除時、うっかりユーザーが誤ってパネルを削除しないように、以下のような確認画面が表示されるようになりました。


2.Budgieのリセット

デスクトップ環境をリセットし、デフォルトの状態に戻せるようになりました。
リセットするには、「端末」から以下のコマンドを実行します。

budgie-panel --reset --replace


注意

「Budgie」をリセットした後、「端末」を閉じずにログインし直してください。

3.実行ダイアログの不具合修正

実行ダイアログは「Alt+F2」キーを押した時に表示されるアプリ実行画面です。
「Corebird」や「gedit」など、一部のアプリが起動できない不具合が修正されました。


4.翻訳の改善

日本語含むいくつかの言語で翻訳が更新されました。

5.HiDPIの改善

「HiDPI」の設定が変更された際、その設定に合わせるようにUIを自動調整するようになりました。


関連記事一覧
オプション