kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Linux Mint 18.1 KDE EditionでKDE Plasma 5.8採用

リリースが予定されている「Linux Mint 18.1 KDE Edition」にて、デスクトップ環境に「KDE Plasma 5.8」が採用される予定です。



ご存知の通り「Linux Mint 18.1」は「Ubuntu 16.04」がベースになっており、そのままでは以前のバージョンの「KDE Plasma」がインストールされてしまいます。

そこで「Linux Mint 18.1 KDE Edition」では、「Kubuntu」のPPAを利用し、アップデートされた「KDE Plasma 5.8」を「Linux Mint 18.1 KDE Edition」にて提供します。


KubuntuはLinux Mint KDE Editionの根幹である。

NeonをベースとしてKDE Editionを構築していると誤解している人や、我々自身がKDEパッケージを作成してKDE Editionを構築していると誤解している人がいるが、現実的にそれは不可能だ。

我々のKDEコミュニティーは小さく、KDEパッケージの作成は膨大な作業が伴う。
Plasma 5はまだ成熟に向けて作業中であり、この作業は2年経っても継続的に行われている。
と同時に我々はKDEに大きな期待を持っており、その安定性は我々はとって重要なものである。
我々が安定したKDEを提供するには、それ相応の作業をしなければならない。

この点を考慮すると、もしKubuntuとKubuntuのBackport PPAがなかったら、Linux Mint KDE Editionは存在し得なかっただろう。

Kubuntuの開発チームはPlasma 5.8のバックポートに多大な成果を出しており、新しいKDEアプリやフレームワーク、そしてそれらが依存する新しいバージョンのQtの取り込みを行っている。
これらのバックポートは、Ubuntu 16.04の他のパッケージと協調して利用できるよう、膨大な配慮やテストが行われリリースされている。

私はKubuntuチームに多大な感謝を送りたい。

Plasma 5.8.4をテストするには

「Linux Mint 18.1 KDE Edition」に採用予定の「KDE Plasma 5.8」は、まだ「Kubuntu Backports PPA」で提供されていません。

現在テスト版が「Kubuntu Backports Landing PPA」で提供されており、テストで問題がなければ、「Kubuntu Backports PPA」で正式版が提供されます。

KDE Plasma 5.8.4

「KDE Plasma 5.8」のマイナーバージョンは「KDE Plasma 5.8.4」です。
「KDE Plasma 5.8.4」は2016年11月22日リリースされた現在最新版の「KDE Plasma」です。

現在「Linux Mint 18 KDE Edition」を利用している人は、「KDE Plasma 5.8.4」をインストールし、テストすることができます。

あくまでテスト目的での提供

あくまでテスト目的で提供されているため、何かしらトラブルが発生するかもしれません。
少なくとも日本語が入力できなくなりますし、元に戻すのが困難になります。
その点に留意してください。

1.PPA追加画面の表示

「ソフトウェアソース」を起動し、左側の「PPA」ボタンをクリックします。
以下の画面が表示されるので、「新しいPPAを追加」ボタンをクリックします。


2.PPAの追加

以下の画面が表示されるので、「ppa:kubuntu-ppa/backports-landing」を入力し、「OK」ボタンをクリックします。


以下の画面が表示されたら、「OK」ボタンをクリックします。


3.PPAの追加完了

以下のようにPPAが追加されます。


4.パッケージのアップデート

「アップデートマネージャー」を起動してパッケージをアップデートします。


5.PCの再起動

パッケージのアップデートを反映するため、PCを再起動します。

6.バージョンの確認

「KInfocenter」を起動して、バージョンを確認します。 


上記のようになっていればOKです。

日本語が入力できない

「fcitx-frontend-qt5」パッケージの依存関係が満たせなくなるため、日本語が入力できなくなります。


「qtbase-abi-5-5-1」パッケージは純仮想パッケージであり、「libqt5core5a」パッケージにより提供されています。
しかしアップデートにより「libqt5core5a」パッケージは、「qtbase-abi-5-6-1」を提供するようになるため、依存関係が満たせなくなっています。

今後KDE Plasma 5.8.4が利用可能に

「KDE Plasma 5.8.4」テストが完了すれば、「KDE Plasma 5.8.4」は「Kubuntu Backports PPA」で提供されるようになります。

そして「Linux Mint 18 KDE Edition」を利用しているユーザーは「KDE Plasma 5.8.4」にアップデートできるようになります。

リリースが遅れる可能性がある

「Linux Mint 18.1 KDE Edition」のリリースは「KDE Plasma 5.8.4」のリリースに合わせるため、「KDE Plasma 5.8.4」のリリース状況によっては「Linux Mint 18.1 KDE Edition」のリリースが遅延するかもしれません。


関連記事一覧
オプション