kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Adobe Flash Playerの脆弱性

2017年1月10日に、情報の漏洩や任意コードの実行など複数の脆弱性に対応した「Adobe Flash Player」がリリースされています。


今回のアップデートは、以下のCVEに対応したアップデートです。

  1. CVE-2017-2925
  2. CVE-2017-2926
  3. CVE-2017-2927
  4. CVE-2017-2928
  5. CVE-2017-2930
  6. CVE-2017-2931
  7. CVE-2017-2932
  8. CVE-2017-2933
  9. CVE-2017-2934
  10. CVE-2017-2935
  11. CVE-2017-2936
  12. CVE-2017-2937
  13. CVE-2017-2938

このアップデートを適用すると、「Adobe Flash Player」のバージョンが「24.0.0.194」にアップデートされます。

各CVEの内容や詳細情報については、以下を参照してください。


サポートが終了したUbuntuの利用は危険 

サポートが終了したUbuntuにセキュリティーアップデートは提供されません。
サポートが終了したUbuntuは利用しないように注意してください。

すぐにアップデートを

すでにこれらの問題に対応した「Adobe Flash Player」がリリースされています。
「アップデートマネージャー」や「ソフトウェアの更新」を起動して、「Adobe Flash Player」のアップデートを行ってください。


忘れずにソフトウェアの再起動を

アップデートが完了したら、忘れずに「Adobe Flash Player」を利用しているソフトウェアを再起動しましょう。
アップデートしただけではアップデートが反映されないため、注意してください。

よく分からなければ、ログインし直すかPCを再起動してください。

Adobe Flash Playerのバージョンを確認するには

「Adobe Flash Player」のバージョンを確認するには、以下のサイトにアクセスしてください。


右側に「Adobe Flash Player」のバージョンが表示されます。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション