kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

PowerShell v6.0.0-alpha.15がリリースされました

2017年1月20日に、「PowerShell v6.0.0-alpha.15」がリリースされました。


リリースノートと変更点

リリースノートと変更点は、以下を参照してください。


いくつか変更点をピックアップします。

  • オフラインファイルのファイルサイズ処理でparensを使用するように修正
  • Windowsコンソールモード及びネイティブな実行ファイルに関する不具合の修正
  • using moduleのリカバリーに関するエラーの修正
  • Get-Verbに-Groupパラメーター追加
  • Get-Processのメモリー表示をKBからMBに変更 
  • 新しいエスケープ文字(ESC: `` `e``)を追加
  • ヒア文字列(Here String)の解析に関する小さな問題の修正
  • タイプアクセサレーターを使用するタイプのタブ補完を改善
  • Invoke-RestMethodの非XML、非JOSN入力利用時の動作改善
  • 特別な設定なくPSRPをCentOSで利用可能に

PowerShellのインストールとアップデート

「PowerShell」のインストールとアップデート方法です。
「PowerShell」のインストールとアップデート方法は同じです。

すでに以前のバージョンの「PowerShell」をインストールしている場合、インストールと同じ方法で「PowerShell v6.0.0-alpha.15」にアップデートできます。

1.パッケージのダウンロード

以下からパッケージをダウンロードします。

 

「Ubuntu 32bit版」向けの「PowerShell」はリリースされていません。

2.PowerShellのインストール

以下を参考にして、「PowerShell」をインストールします。


「PowerShell」の紹介やチュートリアルも、上記のリンクを参考にしてください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション