kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu MonoフォントとTakaoゴシックフォント

「Ubuntu」では、固定幅のフォントに「Ubuntu Mono」フォントと「Takao ゴシック」フォントを利用しています。
「Ubuntu Mono」には日本語のグリフが含まれていないため、日本語のグリフは「Takao ゴシック」を利用しています。

ここでは「ConEmu」で「Ubuntu Mono」フォントと「Takao ゴシック」フォントを利用する方法を紹介します。


1.Ubuntu Monoフォントのインストール

「Ubuntu Mono」フォントのインストール方法です。

1-1.フォントファイルのダウンロード

Ubuntu Font Family」にアクセスし、「Download for free」ボタンをクリックします。


フォントファイルが入ったZipアーカイブがダウンロードされます。

1-2.フォントのインストール

ダウンロードしたZipアーカイブを展開し、以下のファイルを選択します。

  • UbuntuMono-B.ttf
  • UbuntuMono-BI.ttf
  • UbuntuMono-R.ttf
  • UbuntuMono-RI.ttf

選択したフォントファイルを右クリックし表示されるメニューから「インストール」をクリックします。


以上でインストールは完了です。

ここでは同じアーカイブに含まれる「Ubuntu」フォント等可変幅のフォントはインストールしていませんが、他のアプリで使用するなら同じ方法でインストールすると良いでしょう。

2.Takao ゴシックフォントのインストール

「Takao ゴシック」フォントのインストール方法です。

2-1.フォントファイルのダウンロード

Takao Fonts」にアクセスし、「TakaoFonts_00303.01.zip」ボタンをクリックします。


フォントファイルが入ったZipアーカイブがダウンロードされます。

2-2.フォントのインストール

ダウンロードしたZipアーカイブを展開し、以下のファイルを選択します。

  • TakaoGothic.ttf

選択したフォントファイルを右クリックし表示されるメニューから「インストール」をクリックします。


以上でインストールは完了です。

ここでは同じアーカイブに含まれる「Takao明朝」フォント等はインストールしていませんが、他のアプリで使用するなら同じ方法でインストールすると良いでしょう。

ConEmuのフォント設定

フォントのインストールが完了したら、次に「ConEmu」でそれらのフォントを使用するように設定します。

1.設定画面の表示

ツールバー右上のボタンをクリックし、表示されるメニューから「Settings」をクリックします。


2.フォント設定

左側の設定項目一覧から「Main」を選択し、以下のように設定します。


設定したら「Save settings」ボタンをクリックします。

3.設定完了

以下のように設定したフォントが反映されます。


日本語に関しては「Takao ゴシック」を選択すると、上に寄せられて出力されるため、デフォルトのほうが見通しが良いかもしれません。

背景色をUbuntuっぽくしてみる

おまけです。
ついでに背景色を「Ubuntu」っぽくしてみます。

1.カラー設定

設定画面を開き、左側の設定項目一覧から「Colors」を選択します。
以下のようにカラー設定画面が表示されるので、「Standard colors」で「#RRGGBB」をクリックします。

最後に「0.」に「#2C001E」を入力します。


設定したら「Save settings」ボタンをクリックします。

2.設定完了

以下のように背景色が「Ubuntu」と同じ背景色になります。



関連記事一覧
オプション