kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

プロンプトのカラーリングを有効にするには

「Ubuntu 16.04」ではプロンプトのカラーリングが有効になっています。


「Ubuntu on Windows/WSL」登場当初、インストールされる「Ubuntu」のバージョンは「Ubuntu 14.04」でした。
途中のビルドから「Ubuntu 16.04」がインストールされるようになりました。

「Ubuntu 14.04」ではプロンプトのカラーリングが有効になっていないため、「Ubuntu 14.04」環境を「Ubuntu 16.04」へアップグレードした環境では、「Ubuntu 14.04」のユーザー環境がそのまま引き継がれ、プロンプトのカラーリングは行われません。

これは「Ubuntu on Windows」に限った話ではなく、実機にインストールした「Ubuntu」でも同様です。
どちらの「Ubuntu」も公式かつ正規の「Ubuntu」であるため、同じ現象が発生します。

プロンプトのカラーリングを有効にする方法を紹介します。

1.~/.bashrcのバックアップ

必要なら事前に「~/.bashrc」ファイルのバックアップを作成しておきます。

2..bashrcファイルのコピー

デフォルトの「.bashrc」ファイルをコピーし、「~/.bashrc」に上書きします。
以下のコマンドを実行します。

cp /etc/skel/.bashrc ~/

3.Bashの再起動

「Bash」を再起動すれば、プロンプトのカラーリングが有効になります。


「ConEmu」でもプロンプトのカラーリングが有効になっています。


実機にインストールした「Ubuntu」でも同様にプロンプトのカラーリングが有効になります。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション