kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 14.04でSnapパッケージが利用可能に

「Ubuntu 14.04」でSnapパッケージが利用できるようになりました。


事前にアップデートをすべて適用しておく

Snapパッケージを利用する前に「snapd」のインストールが必要になります。
事前に「ソフトウェアの更新」を起動して、すべてのパッケージのアップデートを適用しておいてください。

また「snapd」の依存関係に「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel(HWE)」が指定されているため、事前に「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel(HWE)」がインストールされているか確認しておくと良いでしょう。

「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel(HWE)」がインストールされていれば、以下のように「Linux Kernel」のバージョンが「4.4.0」になります。


もし「Ubuntu 16.04」の「Linux Kernel(HWE)」がインストールされていなければ、以下の方法でインストールすることができます。


1.snapdのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo apt install snapd


上記の画面が表示されたら、エンターキーを押します。
「snapd」がインストールされます。

2.PCの再起動

「snapd」のインストールが完了したら、PCを再起動します。
これでSnapパッケージがインストールできるようになります。

Kritaをインストールしてみよう

ここでは例として、画像編集ソフトの「Krita」をインストールしてみます。

1.Kritaのインストール

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo snap install krita


以上でインストールは完了です。
続いて「krita」を実行すれば、「Krita」が起動します。

2.Kritaの起動

以下のようにSnap版の「Krita」が起動します。


「Krita」のバージョンは「3.1.1」になっています。


「Ubuntu 14.04」のリポジトリーにあるdeb版「Krita」のバージョンは「2.8.1」であり、同様に「Ubuntu 16.10」のdeb版「Krita」のバージョンは「2.9.11」であるため、Snapを利用すれば新しいバージョンの「Krita」を利用できます。

ただしSnapは日本語周りがちょっと残念なことになっています。

関連記事一覧
オプション