kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu 16.04 on Microsoft Surface Pro 4

PPAにて「Microsoft Surface Pro 4」向け「Linux Kernel」が提供されており、この「Linux Kernel」を利用することで「Microsoft Surface Pro 4」の多くの機能が利用できるようになります。



紹介動画

「Ubuntu 16.04」を「Microsoft Surface Pro 4」にインストールし、動作している機能について紹介している動画です。


このユーザーが利用している「Microsoft Surface Pro 4」は、CPUに「Intel Core i7-6650U 2.2GHz」を採用し、GPUはCPUに内蔵されている「Iris540」を採用しています。

インストールする前に

「Microsoft Surface Pro 4」のタッチパッドやキーボードが認識できないため、事前にUSBハブ、USBキーボード、USBマウスを用意し、「Microsoft Surface Pro 4」に接続しておく必要があります。

インストール後は

そのままでは「Microsoft Surface Pro 4」の多くの機能が利用できません。
そこで以下のPPAを追加し、「Microsoft Surface Pro 4」向け「Linux Kernel」をインストールします。


「Linux Kernel」インストール後再起動し、この「Linux Kernel」で起動すれば、以下の機能が利用できるようになるとのことです。

  • タッチスクリーン
  • キーボード
  • サウンド
  • ペンデバイス
  • WiFi
  • Bluetooth
  • MicroSDカード
  • 動画再生

ただし、現状以下の機能は動作しません。

  • スリープ機能
  • ボリューム調整ボタン
  • ウェブカメラ
  • 筆圧調整


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション