kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Client Side Decoration

「Client Side Decoration」とは、アプリのウィンドウのタイトルバーを無くし、タイトルバーの代わりにボタンなどを配置したバーを表示するデザインや仕組みのことです。
「GTK+」が提供している機能です。

「Client Side Decoration」が採用されたデスクトップ環境といえば、「Ubuntu GNOME」です。


アプリのタイトルバーのスペースを有効活用できます。
タイトルバーが無くなっても、タイトルバー相当の機能を「Client Side Decoration」側で提供するため、ウィンドウの移動等の操作が可能です。

一方Ubuntuでは

一方「Ubuntu」では、「Client Side Decoration」を採用していません。


「Ubuntu」ではウィンドウのタイトルバーにアプリのメニューを表示する機能があり、この機能とぶつかってしまいます。


「Ubuntu」で「Client Side Decoration」を有効にすると、タイトルバーが無くなるためアプリのメニューが利用できなくなります。


この場合、Unityパネルにメニューを表示すればアプリのメニューを利用できるようになります。


Client Side Decorationはお好き?

さて「OMG! Ubuntu!」にて、「Client Side Decoration」のデザインが好みかどうかアンケートが実施されています。



現時点での結果を見るに、「Client Side Decoration」を好意的に捉えている人が75%を超えていますね。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション