kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

TS-4900 

Technologic Systems」が発売している「TS-4900」が「Ubuntu Core」に対応しました。
「TS-4900」は高性能なコンピュータオンモジュール(CoM)です。



「TS-4900」自体は2015年5月に発売されたCoMです。
Technologic Systems」は、「TS-4900」で「Ubuntu Core」を利用できるようにするため「Canonical」と提携しました。

「TS-4900」は、CPUにSoloもしくはQuadコアの「NXP/Freescale i.MX6 ARM」を搭載し、1GHzで動作します。
このCPUは、「ARM CortexTM A9」アーキテクチャーに対応しています。

メモリーは最大2GB搭載でき、eMMCストレージが最大4GB搭載できます。
他にも以下のインターフェースをサポートしています。

  • microSDソケット
  • SATAポート
  • デジタルI/O
  • PCI Express
  • ギガビットイーサネット
  • USB
  • シリアル/COMポート
  • WiFi 802.11 b/g/n
  • Bluetooth 4.0 
  • RS-485
  • SPIバス
  • I2Cバス
  • CANバス
  • I2Sオーディオ

「TS-4900」は組み込みシステムアプリケーションにとって理想的なハードウェアであり、特にIoTゲートウェイのような無線接続が必要な組み込みシステムアプリケーションを実装するのにオススメの製品です。



そして「Ubuntu Core」はIoT向けに最適化されているOSであり、豊富なネットワーク環境やプロトコルをサポートしています。
加えて「Ubuntu Core」は安全性や信頼性、そして簡単にアップグレード可能なプラットフォームを提供します。

製品情報

「TS-4900」の製品情報や搭載可能なハードウェア及び仕様については、以下を参照してください。


Mobile World Congress 2017で展示予定

「Ubuntu Core」を搭載した「TS-4900」が「Mobile World Congress 2017」のUbuntuブースで展示される予定です。

前回紹介したスマートヘルメットもそうですが、IoT分野やクラウド(コンテナ)分野など様々な分野に「Ubuntu」が積極的に展開されてますね。


関連記事一覧
オプション