kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 15031の変更点

2017年2月9日にリリースされた「Build 15031」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 15031」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.完全なコマンドラインの情報を返すようになった 

WSLプロセスの完全なコマンドラインの情報を返すようになりました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.スレッドの終了通知

WSLは「ptrace」を通じてスレッドの終了を報告するようになりました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


3.EFD_SEMAPHOREのサポート

「eventfd」で「EFD_SEMAPHORE」がサポートされました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


不具合の修正

「Build 15031」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない不具合の修正も行われています。

1.timeの不具合修正

散発的に誤った動作を行う不具合を修正しました。

2.*SIGPROCMASKシステムコールの修正

「*SIGPROCMASK」システムコールがシグナルマスクを破壊する不具合を修正しました。

3.ptyがフリーズする問題の修正

大量のtmux I/Oが発生した後、ptyがフリーズする問題を修正しました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


4.タイムアウト検証処理の修正

「futex」「semtimedop」「ppoll」「sigtimedwait」「itimer」「timer_create」など多くのシステムコールでタイムアウト検証処理が修正されました。

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:737(前回:732)
  • テストに失敗した項目数:255(前回:255)

テスト結果

「LTP」のテスト結果は、以下で参照できます。



関連記事一覧
オプション