kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Ubuntu on WindowsでHaskell

「Build 14986」以降、「Ubuntu on Windows」で「Haskell(ハスケル)」が利用できるようになりました。



Haskell

「Haskell」は、人気のあるパワフルな関数型プログラミング言語です。

今まで「Haskell」は、アニバーサリーアップデートや「Build 14986」より前のビルドで提供される「WSL」では利用できませんでした。
これは動作に必要な「timer_create」システムコールが「WSL」で実装されていなかったためです。


しかし「Build 14986」以降「timer_create」システムコールがサポートされ、「Haskell」及びElm、Cabal、Pandoc、Agdaといった様々なツールが動作するようになりました。

「Haskell」や「Haskell」向けの多くの開発ツールは、Windows向けにも提供されており、Windowsでも利用可能です。
 しかしいくつかのパッケージやアドオンはLinuxを要求するものがあり、もしそれらのツールを利用したいなら「Ubuntu on Windows」で利用すると良いでしょう。

Haskellでプログラミング

「Haskell」でプログラミングを行う基本的な例の紹介です。

1.GHCのインストール

Haskell用のコンパイラーである「GHC(The Glorious Glasgow Haskell Compilation system)」をインストールします。
以下のコマンドを実行します。

sudo apt install ghc


2.ソースコードの作成

以下のソースコードを作成します。

main = putStrLn "Haskellへようこそ!"

「nano」でも「vim」でも好きなエディターを利用してください。
ここでは例として「nano」を利用しました。


3.ビルド

「2.」で作成したソースコードをコンパイルし、ビルドを実行します。
以下のコマンドを実行します。

ghc hello.hs -o hello


4.バイナリーの情報

生成されたバイナリーを調べてみると、以下のようにELF形式のバイナリーが生成されています。

file hello


5.バイナリーの実行

生成されたバイナリーを実行すると、以下のように出力されます。

./hello



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション