kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 12.04 ESM

「Ubuntu 12.04」のサポート終了まで残り1ヶ月強となりました。


「Ubuntu 12.04」は、2012年4月26日にリリースされました。


「Ubuntu 12.04」はLTSリリースであるため、5年間のサポート期間が提供されています。
サポート期間内では、セキュリティーアップデートや不具合の修正に対応したアップデートが提供されます。

2017年4月28日にサポート終了

「Ubuntu 12.04」のサポート期間は、2017年4月28日に終了します。
サポート終了後はセキュリティーアップデート等のアップデートは受けられなくなります。

そのため「Ubuntu 12.04」を利用しているユーザーは、「Ubuntu 12.04」のサポート期間が終了する前に、「Ubuntu 14.04 LTS」や「Ubuntu 16.04 LTS」などサポートが継続して行われるバージョンへアップグレードしなければなりません。

Ubuntu 12.04 ESM(Extended Security Maintenance)

ユーザー(主に法人)の中には、現在のシステムをすぐには移行できないユーザーもいるでしょう。
そのようなユーザーに向けて「Canonical」は「Ubuntu 12.04 ESM」を提供しています。


「Ubuntu 12.04 ESM」では、「Linux Kernel」やユーザースペース向けのパッケージの中で必須となるパッケージに対し、「Ubuntu 12.04」のサポート終了後も重要なセキュリティーアップデートを提供します。

Ubuntu Advantageを通じてアップデートが提供される

「Ubuntu 12.04 ESM」で提供されるアップデートは、「Ubuntu Advantage」を通じて提供されます。

このサービスを利用するには、「Ubuntu Advantage」の契約が必要になります。
そのため個人ユーザー向けのサービスではなく、法人など事業者向けのサービスとなります。

「Ubuntu 12.04 ESM」によるアップデートの提供は、2017年4月28日以降提供されるようになります。

本サービスの質問はwebinarで

本サービスの質問は、2017年3月22日 4PM(GMT)/12PM(EDT)/9AM(PDT)に行われるwebinarで受け付けるとのことです。



関連記事一覧
オプション