kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

2017年2月にSnapパッケージになった10のアプリ

2017年2月にSnapパッケージになった10のアプリの紹介です。



Snapパッケージ

Snapパッケージは、従来のパッケージフォーマットである「deb」や「rpm」等に代わる新しいパッケージフォーマットです。

Snapパッケージが利用できるOSは「Ubuntu」だけでなく、「Debian」「Fedora」「Arch Linux」「openSUSE」など、様々なOSで利用できます。

Snapパッケージは隔離された環境にソフトウェアを配置するため、他のソフトウェアや既存のシステムに影響を与えることなくソフトウェアのインストールや利用が可能です。
また、もしソフトウェアで不具合などの問題が発生すれば、以前のバージョンにロールバックする機能も備えています。

SnapパッケージはLinuxのソフトウェアをパッケージ化するための次世代のパッケージフォーマットです。

1.openstack-cli

openstack-cli」は、OpenStack向けのコマンドラインクライアントです。


2.Writefull

Writefull」は、テキストの解析やチェック、統計情報の表示や翻訳などテキスト処理を行うアプリです。




3.Bower

Bower」は、Webサイトを構築するためのコンポーネントを管理するソフトウェアです。


4.Go

Go」は、Goプログラミング言語向けのビルドツールです。
アセンブラーやコンパイラー、リンカー及びコンパイル済みのライブラリーを提供します。


5.Tiny Proxy

Tiny Proxy」は、軽量なHTTP/SSLプロキシーデーモンです。


6.Shotcut

Shotcut」は、クロスプラットフォームで開発されている動画エディターです。


7.Vault

Vault」はユーザーの機密情報を管理するソフトウェアです。


8.IOTA

IOTA」は、Dashboardで使用するトランザクション処理を行うnodejsアプリケーションです。


9.Librealsense

「Librealsense」は、Intel RealSenseカメラからデータをキャプチャーするためのクロスプラットフォームで提供されるライブラリーです。


10.Mdns-hostname

Mdns-hostname」は、Ubuntu Coreの現在のホスト名を.local名前空間にブロードキャストするソフトウェアです。



関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション