kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Debian 9.0でUEFIセキュアブートのサポートが見送られるかも

「UEFI」は「BIOS」に変わる新しい仕組みです。
「UEFI」には署名に合致したブートローダーのみ起動できるようにする仕組みがあり、この仕組みのことを「セキュアブート」と言います。


さて現在「Debian」では、次のメジャーバージョンである「Debian 9(開発コード:Stretch)」の開発が行われており、リリースに向けて作業が行われています。

「Debian 9.0」ではセキュアブートのサポートに向けた作業が行われており、Microsoftにブートローダー(shim)を署名してもらい、対応作業が行われています。


しかしリソース不足により、UEFIセキュアブートのサポートが見送られる可能性が出てきました。


最近行われたチームミーティングにて、Debian 9.0でサポートするセキュアブートは、もはやDebian 9.0のリリースを妨げるものではないと確信した。

おそらく、明言はできないが、Debian 9.0でセキュアブートのサポートは行われないだろう。
多くのユーザーや開発者がこの決定にがっかりするだろう。

しかしボランティアによるチームがセキュアブートのサポート作業に割ける時間は限られており、性急な開発は不具合が入り込むリスクがある。
我々はバランスを取りながら開発を行う必要がある。

もしセキュアブートのサポートが「Debian 9.0」で行われなかった場合、ポイントリリース(Debian 9.x)でサポートされる可能性があるとのことです。


関連記事一覧
オプション