kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Build 16184リリース

2017年4月29日に「Build 16184」がリリースされました。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の改善や変更

「Build 16184」で行われた機能の改善や変更です。

1.パッケージメンテナンスタスクの削除

今までaptパッケージメンテナンスタスクにより自動的にバックグラウンドでパッケージのアップデートが行われていましたが、このメンテナンスタスクが削除されました。

2./etc/hostsがWindowsのhostsファイルから引き継ぐようになった

「/etc/hosts」がWindowsのhostsファイル(%windir%\system32\drivers\etc\hosts)からエントリーを引き継ぐようになりました。

これに関する問題は、以下を参照してください。


不具合の修正

「Build 16184」で行われた不具合の修正です。

1.Windowsプロセス内のnode.jsの出力が捕捉されない問題の修正

「WSL」上で動作しているnode.jsがスポーンされたWindowsプロセスから標準出力と標準エラーを捕捉できない問題が修正されました。

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


2.AT_EMPTY_PATHフラグに関する修正

システムコールに指定する「AT_EMPTY_PATH」フラグの扱いが修正されました。

3.DrvFs上のファイルを削除した時に、未定義の動作を行う不具合の修正

すでに開かれている「DrvFs」上のファイルを削除した時に、未定義の動作を行う不具合が修正されました。


これにより改善する問題は、以下を参照してください。



関連記事一覧
オプション