kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

Ubuntu 12.04 ESMでアップデート対象になるパッケージ

以前紹介したように「Canonical」は、「Ubuntu 12.04」でサポート終了後もパッケージの更新が受けられる「Ubuntu 12.04 Extended Security Maintenance」サービスを展開しています。



このサービスでアップデートが受けられるパッケージと、アップデート対象外になるパッケージの一覧が以下で紹介されています。


アップデート対象外になるパッケージ

現状アップデート対象外になるパッケージとして、以下のパッケージが挙げられています。

  • MAAS and dependencies RabbitMQ and Erlang
  • Python3 (3.2)
  • Apport and Whoopsie bug reporting
  • Checkbox system testing tools
  • Quagga software router
  • Xen hypervisor
  • Cups printing stack
  • Linux Terminal Server Project

上記のサーバー向けパッケージは、mainコンポーネントに配置されており、また「Ubuntu 12.04 LTS」のインストールディスクに含まれ利用頻度が高いのですが、これらのパッケージとこれらのパッケージに依存するパッケージは、アップデート対象外になります。

注意

上記の一覧は完全な一覧ではありません。

アップデート対象になるパッケージの一覧を参照し、自分が必要なパッケージがアップデート対象になっているか確認しましょう。

アップデート対象になるパッケージ

アップデート対象になるパッケージの一覧は、「Ubuntu 12.04 Extended Security Maintenance」の「Maintained Packages」の項目を参照してください。

情報の更新に注意しよう

状況が変化すれば情報が更新され、アップデート対象の内容が変わります。

個人でこのサービスを利用するユーザーはいないと思いますが、もしこのサービスに関心があるなら、必ず事前に期待通りのサービス内容かどうか確認してからサービスを利用しましょう。


関連記事一覧
オプション