kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

budgie-remix 16.10からアップグレード可能に

「Ubuntu Budgie」の前身である「budgie-remix 16.10」から「Ubuntu Budgie 17.04」へのアップグレードがサポートされており、「Ubuntu」と同じ方法でアップグレードが可能です。


ppa:budgie-remix/ppaについて

「budgie-remix」はUbuntuのフレーバーではないため、独自のPPAにより「budgie-remix」向けのパッケージを提供していました。

このPPAはアップグレードを行う過程で無効化されます。

バックポートPPAについて

上記のPPAで提供されていたいくつかのパッケージは、「ppa:ubuntubudgie/backports」PPAから利用できます。

アップグレード方法

「budgie-remix 16.10」から「Ubuntu Budgie 17.04」へアップグレードする方法です。

1.アップグレード設定の確認

「システム設定」から「ソフトウェアとアップデート」を起動し、「アップデート」のタブをクリックします。

以下のように「Ubuntuの新バージョンの通知」が「すべての新バージョン」になっているか確認してください。


2.アップデートの確認

「ソフトウェアの更新」を起動し、パッケージのアップデートがある場合はすべてアップデートを行い、すべてのアップデートを適用した状態にします。


PCの再起動を促された場合は、PCを再起動してください。

3.アップグレード通知

「ソフトウェアの更新」を起動すると、以下のようにアップグレードの通知が表示されます。
「アップグレード」ボタンをクリックします。



パスワード入力画面が表示されたら、ログインユーザーのパスワードを入力してください。

4.リリースノート

以下のようにリリースノートが表示されます。


「アップグレード」ボタンをクリックし、表示される手順に従いアップグレードを行ってください。

アップグレードの注意事項について

アップグレードの事前準備と注意事項は、「Ubuntu」と同じです。
以下を参考にしてください。


アップグレード時の既知の問題

「budgie-remix 16.10」から「Ubuntu Budgie 17.04」へアップグレードした時に発生する既知の問題です。

1.terminixでVTE misconfiguration errorが表示される

既存のアカウントで「terminix」を起動すると、VTE misconfiguration errorが表示されます。
この問題を解決するには、以下のコマンドを実行してください。

cat /usr/share/budgie-desktop/vteprompt.txt >> ~/.bashrc

2.複数のデフォルトアプリケーションが存在する

デフォルトのブラウザーやメディアプレーヤーが変更されたため、アップグレードした場合複数のデフォルトアプリケーションがインストールされた状態になります。

以前のデフォルトのアプリを削除するには、「terminix」で以下のコマンドを実行してください。

sudo apt purge firefox gnome-terminal totem && sudo apt autoremove


関連記事一覧
オプション