kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

Build 16176の変更点

2017年4月15日にリリースされた「Build 16176」の「WSL」に関する変更点です。


リリースノート

変更点の詳細は、リリースノートを参照してください。


機能の追加や改善

「Build 16176」で行われた機能の追加や改善です。
リリースノートに記述されていない機能の改善も行われています。

1.シリアルデバイス(COMポート)のサポート

「Ubuntu」からWindowsのCOMポートにアクセスできるようになりました。
詳細は、以下を参考にしてください。


2.IPソケットオプションのサポート改善

以下のIPソケットオプションがサポートされました。

  • IP_OPTIONS
  • IP_MULTICAST_IF
  • IPV6_MULTICAST_IF  
  • IP_MULTICAST_LOOP
  • IPV6_MULTICAST_LOOP  
  • IPV6_UNICAST_HOPS
  • IP(V6)_MTU
  • IPV6_UNICAST_HOPS

これにより改善する問題は、以下を参照してください。


また「IP(V6)_MTU」のサポートにより、以下のソフトウェアの動作が改善されます。

  • apps node
  • traceroute
  • dig
  • nslookup
  • host

3.pwritev関数の実装

pwritev関数が実装されました。
これにより改善する問題は、以下を参照してください。


4.フィルシステムの改善

「DrvFS」で扱えるボリューム(ドライブ)の種類が増えるなど、「DrvFS」向けの改善が多く行われています。

  1. UNCパスでボリュームをマウント可能に 
  2. DrvFSでCDFSのサポートが有効に
  3. DrvFSでネットワークファイルシステムのパーミッションを正しく扱うようになった
  4. DrvFSでリモートドライブのサポートを追加
  5. DrvFSでFATのサポートが有効になった

Linux Test Projectのテスト結果

「Linux Test Project(LTP)」は、「Linux Kernel」やカーネルに関連した機能の信頼性、頑健性、安定性のテストを行うテストスイートを開発しているプロジェクトです。

「WSL」は「Linux Kernel」相当の機能を提供するソフトウェアであり、「Linux Test Project」で「WSL」のテストを行った結果が公開されています。

  • テストに合格した項目数:737(前回:737)
  • テストに失敗した項目数:255(前回:255)
 
「Build 15042」から変更ありません。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション