kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

OpenStoreのフォークが行われる・AnboxによるAndroidアプリの利用

「Ubuntu Touch」を様々なモバイルデバイスに移植している「UBports」コミュニティーでは、2017年4月15日にミーティングを行い、今後の方針について少し掘り下げた内容が話し合われました。



古い公式デバイスのサポート

「Pro5」と「M10」を除くすべての古い公式デバイスは、レガシーモード(レガシーデバイス)になり、致命的な不具合及びセキュリティーに関するアップデートを受けられる。

system-image-serverのミラーリングを行っており、古いイメージを何かしらのタイミングで提供することができる。

公式デバイスのアップデート方法

公式デバイスのアップデートを行うには、reflashが必要になるだろう。

買うならどのデバイスを選ぶのが良いか

以下のいずれかを選ぶと良い。

  • Nexus 5
  • Fairphone 2
  • Oneplus One

コアアプリの扱いについて

コアアプリはGitHubに移す。
ビルド環境を整えた後、GitHubで作業を行う予定だ。

Ubuntu storeについて

現在我々は「OpenStore」を「openstore.ubports.com」でフォークしている最中だ。

今後各アプリの開発者に「openstore.ubports.com」でアプリを公開したいか、してもよいか確認する予定だ。

Ubuntu Oneサービスとプッシュ通知について

Ubuntu Oneサインインサービスは今後も利用していく可能性はある。
プッシュ通知は我々のサービスよりもアプリによって実現されるものだ。

MirとWayland

我々は「Wayland」上で「Mir」を動かしたいと考えている。
「Yunit」は将来におけるもう一つの選択肢だ。

Anboxについて

「Anbox(Linux上でAndroidアプリを動かす仕組み)」はすでに「Oneplus One」で動作しており、「Anbox」がサポート可能なデバイスで利用できるようになるだろう。

だが「Ubuntu  Touch」を経由して「Anbox」から通知を送るには、システム及び通知に関する多くの修正が必要になるため、短期間では対応できない。

また「Anbox」を「Google Playサービス」込みで提供することはライセンス上許されないので、「Google Playサービス」は提供しない。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション