kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

インプットメソッドフレームワークと日本語環境

既報の通り、次期Ubuntuである「Ubuntu 17.10」からデフォルトのデスクトップ環境が「Unity」から「GNOME Shell」に代わります。



Ubuntuの日本語環境

現在日本語環境の「Ubuntu」では、デフォルトのインプットメソッドフレームワークに「Fcitx」を採用しています。


「システム設定(unity-control-center)」の「テキスト入力」から入力ソース(インプットメソッド)の設定が可能です。


IBusも利用可能

必要ならユーザーは、「IBus」を利用することもできます。


「IBus」でも同様に「システム設定」の「テキスト入力」から入力ソース(インプットメソッド)の設定が可能です。


Ubuntu GNOME(GNOME Shell)の日本語環境

一方「Ubuntu GNOME」では、デフォルトのインプットメソッドフレームワークに「IBus」を採用しています。


「設定(gnome-control-center)」の「地域と言語」から入力ソース(インプットメソッド)の設定が可能です。


IBusか、それともFcitxか

さてubuntu-desktopメーリングリストにて、次期「Ubuntu」のデスクトップ環境が「GNOME Shell」へ移行するにあたり、インプットメソッドフレームワークの扱いについて議論及び提案が行われています。


unity-control-center(システム設定のこと)は、IBusとFcitxの両インプットメソッドフレームワークをサポートしている。

多くの言語環境ではIBusがデフォルトで起動する一方、中国語、日本語、韓国語及びベトナム語環境(CJKV)では、Fcitxがデフォルトのインプットメソッドフレームワークになっている。

従ってUbuntuインストール時にCJKVを選択すれば、Fcitxがデフォルトのインプットメソッドフレームワークとして使用される。

gnome-control-center(設定のこと、以下g-c-cと記述)はIBusのみをサポートしており、インストール時の言語に関わらず、Ubuntu GNOMEではIBusがデフォルトのインプットメソッドフレームワークになっている。

Don't override IM variablesの不具合が修正されて以来、例えg-c-cがIBus以外のインプットメソッドフレームワークをサポートしていないとしても、Ubuntu GNOMEユーザーはFcitxやIBusに代わるインプットメソッドフレームワークを利用することができる。

ただg-c-cがIBusしかサポートしていないため、異なるインプットメソッドフレームワークを利用するなら、g-c-cからではなくインプットメソッドフレームワークが提供するツールを利用して、インプットメソッドのセットアップを行う必要がある。

これがUbuntuがCJKVでデフォルトのインプットメソッドフレームワークをIBusからFcitxに切り替えた理由である。

Fcitx及びFcitxのツールは、多くのCJKVユーザーによってより良いメンテナンスが行われており、また、多くのCJKVユーザーはIBusよりもFcitxを好んでいる。
特に簡体字中国語ユーザーにとってその傾向が強い。

CJKVとは、各言語の頭文字を組み合わせた表現です。

  • 中国語(Chinese)
  • 日本語(Japanese)
  • 韓国語(Korean)
  • ベトナム語(Vietnamese)

CJKV環境ではインプットメソッドフレームワークにFcitxを採用していますが、「gnome-control-center」からFcitxの設定を行うことができないため、このままFcitxを採用し続けた場合、ユーザーは入力ソース(インプットメソッド)の設定を直接Fcitxの設定画面から行う必要があります。

この状況は特にライトユーザーにとって分かりにくく、混乱を招くことになりかねません。

さてこの状況に対してどのようなアプローチ(対応方針)が良いのか、3種類の提案がなされています。

1.gnome-control-centerからFcitxを設定できるようにする

CJKV環境では引き続きFcitxを採用し、「gnome-control-center」からFcitxを設定できるようにする案です。

この案に対しては、以下の疑問があるとのことです。

  • 「gnome-control-center」にFcitxの対応作業を行える時間のある人はいるのか?
  • その修正内容をアップストリームに受け入られてもらえるのか? 

2.何も変更しない

CJKV環境では引き続きFcitxを採用し、「gnome-control-center」のFcitx対応も行わない案です。
この案はユーザーの混乱を招くことになるでしょう。

またIBus以外のインプットメソッドフレームワークと「Ubuntu GNOME」との組み合わせで十分にテストされているのか不明とのことです。 

3.IBusに戻す

以前「Ubuntu」では、インプットメソッドフレームワークにIBusを採用していました。

CJKV環境でもデフォルトのインプットメソッドフレームワークにIBusを採用し、すべての言語でIBusを採用する案です。

FcitxはWaylandに対応していない

次期「Ubuntu」でWaylandセッションがデフォルトになる予定ですが、FcitxはWaylandに対応していません。


FcitxのWayland対応は現在作業中とのことです。


このままいけば、IBusか?

FcitxのWayland対応がいつ完了するのか分かりませんし、「gnome-control-center」のFcitx対応もどうなるか分かりませんが、もしいずれの対応も「Ubuntu 17.10」に間に合わないのであれば、IBusに戻すのが一番混乱を回避できるのかな、という印象です。

後Fcitxにするなら、インジケーターの表示も対応する必要がありますね。

IBusに戻した場合、Fcitx自身が提供している機能は利用できなくなります。
(Mozcの機能は関係ない)

もしFcitxの機能を活用していた場合、それらの機能はIBusでは利用できなくなるため、その機能を諦めるか代替手段を探す必要があります。

Ubuntu Kylin(余談)

ところで中国語ユーザー向けのフレーバーである「Ubuntu Kylin」は、今までデスクトップ環境に「Ubuntu」と同じく「Unity」を採用していました。

しかし「Ubuntu Kylin 17.04」にて、デスクトップ環境をMATEベースの「UKUI」へと変更しました。


「UKUI」は「GNOME Shell」ではないため、引き続きFcitxで問題ないでしょう。
「Ubuntu Kylin 17.04」では「Fcitx」が採用されています。


関連記事一覧
オプション