kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

openSUSEとFedoraが利用可能に

今まで「WSL」向けに提供されていたLinuxディストリビューションは「Ubuntu」だけでしたが、今後は「Ubuntu」に加え「openSUSE」と「Fedora」が利用できるようになります。



2017年5月11日に開催された「Microsoft’s Build conference」の基調講演にて、「WSL」に関するアナウンスがいくつか行われました。
また「OSCON 2017」にて、「WSL」の新機能が紹介されました。

1.UbuntuをWindowsストアに

「Ubuntu」をWindowsストアに持ってくるため、「Canonical」の友人と引き続き協力関係を築いている。

2.openSUSEとFedoraをWindowsストアに

「openSUSE」と「Fedora」をWindowsストアに持ってくるため、また「WSL」上で動作するようにするため、彼らのチームと連携して作業している。

3.Windowsストアからサイドバイサイドにインストール可能

「Ubuntu」、「openSUSE」、「Fedora」は、Windowsストアからインストールできるようになり、これらのディストリビューションは共存(サイドバイサイド)してインストールできる。

4.同時に複数のLinuxディストリビューションを利用可能

「Ubuntu」、「openSUSE」、「Fedora」は、同時に動作させることができる。

5.ダウンロードの改善

Linuxディストリビューションのダウンロード速度が向上し、安定したダウンロードができるようになる。

6.Cドライブ以外の固定ディスクにインストール可能

LinuxディストリビューションをCドライブ以外の固定ディスク(Dドライブなど)にインストールできる。

いつ利用できるようになるのか?

近々リリースされる「Windows Insider build」にて、上記の新機能やWindowsストアからのダウンロードを行えるようになる予定です。

そのため新機能をいち早く体験したいユーザーは、「Windows Insider program」に登録を行い、「Insider Previewの受け取り」設定を「ファースト」に設定する必要があります。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション