kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

MirはWaylandのコンポジターとして実装可能か?

「MATE」の開発者が「Mir」の開発者に連絡を取り、「Mir」を「Wayland」のコンポジターとして実装可能か、実現性の検証が行われています。



以前紹介した通り、「MATE」は「GTK+3」へ完全移行しました。


「GTK+3」自体は「Wayland」に対応していますが、それだけでは不十分であり、「MATE」を「Wayland」セッションで動作させるには、「GNOME」の「Mutter」や「KDE」の「KWin」のような「Wayland」コンポジターが別途必要になります。

Waylandコンポジターの実装は大規模な作業である。
MutterやKwinがWaylandを実装するため、どれだけの時間を要したのか見て欲しい。
MutterもKwinも必要な機能を実現するため、異なる方法でWaylandの仕様を拡張してきた。

MATEは非常に小規模なチームで開発しており、非常に限られた時間の中で開発を行っている。
現在の我々の開発スピードでWaylandを直接実装するとなると、数年かかることになるだろう。

もしMirがWaylandをサポートするのにコストのかからない方法を提供できるとしたら、我々は、そしてまだWaylandをサポートしていないデスクトップ環境の開発者は、Mirを調査すべきである。

Wayland自体はプロトコルを定義した仕様書である。
従ってWaylandへの移行するということは、今日X11が提供している多くの機能を提供するWaylandコンポジターを実装しなければならないということだ。

MirをWaylandコンポジターとして利用することは、まとまった作業が必要になるとは言え、全体の作業量は大幅に少なくて済む。

もしかしたら「MATE on Mir on Wayland」が登場する日が来るかもしれません。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション