kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。 Ubuntuの最新情報も紹介しています。

現在利用しているディスプレイマネージャーを調べるには

現在利用しているディスプレイマネージャーを調べる方法です。

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

cat /etc/X11/default-display-manager

以下のように、現在利用しているディスプレイマネージャー(の実行ファイル)が表示されます。


上記の例では、現在利用しているディスプレイマネージャーが「LightDM」であることがが分かります。

直接「/etc/X11/default-display-manager」ファイルをテキストエディターで開いても、同様の結果が得られます。


Kubuntu 17.04では

「Kubuntu 17.04」ではディスプレイマネージャーに「SDDM」を採用しています。
上記と同じ方法で調べると、以下のように「sddm」であることが分かります。


ちなみに「Ubuntu GNOME 17.04」では、「GDM(3)」を採用しています。

デフォルトのディスプレイマネージャーを切り替えるには

複数のディスプレイマネージャーがインストールされている場合、デフォルトで使用するディスプレイマネージャーを選択することができます。

1.ディスプレイマネージャーの選択画面の表示

「端末」を起動し、以下のコマンドを実行します。

sudo dpkg-reconfigure lightdm

指定するパッケージは、インストール済みのパッケージを指定してください。

2.ディスプレイマネージャーの選択

以下のようにディスプレイマネージャーの選択画面が表示されるので、デフォルトで使用するディスプレイマネージャーを選択し「進む」ボタンをクリックします。


現在インストールされているディスプレイマネージャーが選択できます。


捕捉

「debconf」の設定によっては、ディスプレイマネージャーの選択画面がCUIで表示されます。

いずれにせよデフォルトのディスプレイマネージャーを選択することに変わりありません。
表示された内容に従い操作してください。


関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション