kledgeb Ubuntuの使い方や日本語化、アプリの使い方を紹介しています。

OpenJDK 8の脆弱性

2017年7月26日に、クラッシュや任意コード実行など複数の脆弱性に対応した「OpenJDK 8」がリリースされています。


Ubuntu Security Notice


Ubuntu
Security
Notice
CVE 影響を受ける
バージョン
備考
USN-3366-1 CVE-2017-10053
CVE-2017-10067
CVE-2017-10074
CVE-2017-10078
CVE-2017-10081
CVE-2017-10087
CVE-2017-10089
CVE-2017-10090
CVE-2017-10096
CVE-2017-10101
CVE-2017-10102
CVE-2017-10107
CVE-2017-10108
CVE-2017-10109
CVE-2017-10110
CVE-2017-10111
CVE-2017-10115
CVE-2017-10116
CVE-2017-10118
CVE-2017-10135
CVE-2017-10176
CVE-2017-10193
CVE-2017-10198
CVE-2017-10243
Ubuntu 17.04
Ubuntu 16.04 LTS
・クラッシュ
・任意コード実行
・署名済みコンテンツの不正な修正
・サンドボックス回避
・セキュリティー回避
・機密情報の漏洩

Ubuntu Security Notice一覧


サポートが終了したUbuntuの利用は危険 

サポートが終了した「Ubuntu」にセキュリティーアップデートは提供されません。
サポートが終了した「Ubuntu」は利用しないでください。

すぐにアップデートを

上記の問題に対応した「OpenJDK 8」がリリースされています。
「ソフトウェアの更新」を起動して、「OpenJDK 8」のアップデートを行ってください。


忘れずにソフトウェアの再起動を

アップデートが完了したら、忘れずに「OpenJDK 8」を利用しているソフトウェアを再起動しましょう。
アップデートしただけではアップデートが反映されないため、注意してください。

よく分からなければ、ログインし直すかPCを再起動してください。

関連コンテンツ
同一カテゴリーの記事
コメント
オプション